So-net無料ブログ作成

前侍従長の古巣・外務省が抵抗?──御公務をなぜ「分担」しなければならないのか? 5 [女性宮家創設論]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
前侍従長の古巣・外務省が抵抗?
──御公務をなぜ「分担」しなければならないのか? 5
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 私は運動家ではありませんが、日本の現状と行く末を心から憂い、「御代替わり諸儀礼を『国の行事』に」キャンペーンを、1人で始めました。このままでは悪しき先例がそのまま踏襲されるでしょう。改善への一歩を踏み出すために、同憂の士を求めます。
https://www.change.org/p/%E6%94%BF%E5%BA%9C-%E5%AE%AE%E5%86%85%E5%BA%81-%E5%BE%A1%E4%BB%A3%E6%9B%BF%E3%82%8F%E3%82%8A%E8%AB%B8%E5%84%80%E7%A4%BC%E3%82%92-%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%A1%8C%E4%BA%8B-%E3%81%AB

 さて、以下、拙著『検証「女性宮家」論議──「1・5代」天皇論に取り憑かれた側近たちの謀叛』からの抜粋を続けます。一部に加筆修正があります。


第3章 伝統を拒絶する官僚たちの暴走

第2節 御公務をなぜ「分担」しなければならないのか?──典範改正、制度改革は必要か?


▽5 前侍従長の古巣・外務省が抵抗?
koukyo01.gif
 具体的に見ると、軽減策が打ち出される前の19年と23年とで、方法も変わっていないことが分かります。親任外国大使のお茶や外国大使の午餐、赴任日本大使の拝謁や帰朝日本大使のお茶も、だいたい5カ国までをひとまとめにして行われていますが、軽減策がまったく採られていないように見えます。

 このため23年には、たとえば新任外国大使の「お茶」では12月12日、16日、20日と9日間に3件、行われ、外国に赴任する日本大使の「拝謁」は4月4日の次は4月7日、9月6日の次は翌日7日、9月13日の次は15日、21日の次は22日、という具合に3日と上げずに日程が組まれ、帰朝大使の「お茶」は1月17日には2回、行われているほどです。

 国連加盟国の数が1945年設立当初の51カ国から現在は約200カ国にまで増えていますから、外国大使の信任状捧呈式や「ご引見」の件数はそれだけ増えることになります。「お茶」や「午餐」を5カ国ではなくて、仮に10カ国いっしょにすれば、件数はそれだけ減るだろうし、さらに月ごとにまとめれば陛下のご負担は格段に軽減することができるでしょうが、無理なのでしょうか?

 もっとも注視すべきは、離任大使の「ご引見」です。1カ国ごとに行われるために、23年7月には次のように日程がたて込みました。

23年7月 6日 離任ハンガリー大使
7日 離任エジプト大使夫妻
11日 離任リトアニア大使夫妻
13日 離任メキシコ大使夫妻
14日 離任デンマーク大使夫妻
同日 離任オーストラリア大使
15日 離任キルギス大使夫妻
19日 離任スウェーデン大使夫妻
20日 離任ローマ法王庁大使
25日 離任コスタリカ大使夫妻

 新任外国大使の信任状捧呈式でさえ、まとめて行われています。月ごととはいわなくても、週ごとにまとめられないのでしょうか。陛下の御負担増は、何のことはない、外務省の自作自演のようにさえ見えます。

 御負担軽減をたびたび進言し、「女性宮家」創設を数年前から提唱してきた渡邉前侍従長(いまは元職)は、外務省出身で、儀典長を経験し、その後、宮内庁式部官長に転身した、いわば「公的行事のプロ」です。皇室典範改正、皇室制度改革に踏み出す前に率先垂範すべき余地がありませんか?

 渡邉前侍従長は、自著『天皇家の執事』の後書きで、概要、こう述べています。

「平成10年の天皇誕生日の記者会見で明言されたように、陛下は御公務を減らすつもりはまったくないという考えで一貫してきた。したがって、21年1月の御公務・祭祀の調整・見直しをお許しになったことは感慨無量だったが、御公務そのものを削減することはなく、まだまだお忙しいことにまったく変わりはない」

 難解な表現ですが、「御公務を削減するつもりがまったくない」のは、陛下ご自身だと主張したいのでしょうか?

 考えてもみてください。陛下の御公務を御結婚後の女性皇族に御分担いただくとして、海外の賓客や大使の接遇などを本気でお願いするつもりでしょうか?


以上、斎藤吉久『検証「女性宮家」論議』(iBooks)から抜粋。一部に加筆修正があります
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0