So-net無料ブログ作成
ご公務ご負担軽減 ブログトップ
前の10件 | -

「きめ細かい調整・見直し」が実施されていたら ──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 7 [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「きめ細かい調整・見直し」が実施されていたら
──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 7
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 やむにやまれぬ思いから、「御代替わり諸儀礼を『国の行事』に」キャンペーンを、ネット上で始めました。先般、皇室典範特例法が成立したことで、御代替わりの正常化はいよいよ待ったなしです。皆様のご協力を切にお願いいたします。友人・知人の方々にも呼びかけていただけるとありがたいです。
https://www.change.org/p/%E6%94%BF%E5%BA%9C-%E5%AE%AE%E5%86%85%E5%BA%81-%E5%BE%A1%E4%BB%A3%E6%9B%BF%E3%82%8F%E3%82%8A%E8%AB%B8%E5%84%80%E7%A4%BC%E3%82%92-%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%A1%8C%E4%BA%8B-%E3%81%AB

 さて、前回は平成22年の陛下の「ご日程」から「お茶・茶会」を抽出し、全体で36件だったこと、したがって21年の宮内庁によるご負担軽減策実施にもかかわらず、「お茶・茶会」の件数はまったく減ることがなかったこと、逆にその後、増えていったこと、をより明確化させました。

御活動の概況と推移.png


 今回は、さらに「お茶・茶会」を対象者で分類し、何がどう変化したのかを分析することにします。件数が増えた理由が少しは見えてくるかも知れません。


▽1 外務省関連の「お茶」が減らない

〈1〉退職認証官 計2件(3年は4件。19年は2件。27年は2件)
 お茶(退職認証官)(宮殿) 計2件[2月8日(月)天皇陛下。2月15日(月)天皇陛下]

 退職認証官の「お茶」は、いずれの年も、天皇陛下のみで行われています。27年は場所が宮殿から御所に移りました。御所に移ったのは正確には24年からのようです。

 22年の場合、宮殿で行われたわけですから、お住まいの御所とは違い、スペースは十分あるはずです。陛下のご負担軽減を図るのなら、2週に分けずに、一度に行うことはできないのでしょうか。

 オモテもオクも外務省OBが近侍するなかで、外務省が率先してご負担軽減に協力する体制はつくれないものでしょうか。

〈2〉赴任・帰朝大使夫妻 計4件(3年は帰朝大使のみで3件。19年は帰朝大使のみで9件。27年は帰朝大使夫妻10件、赴任大使夫妻7件の計17件)
 お茶(帰朝大使夫妻)(御所) 計4件[1月13日(水)天皇皇后両陛下(カンボジア,ハンガリー,ポーランド)。5月10日(火)天皇皇后両陛下(モロッコ,イエメン,スーダン,ウルグアイ)。11月1日(月)天皇皇后両陛下(大韓民国,中華人民共和国,オーストラリア,ベトナム)。11月17日(水)天皇皇后両陛下(国際連合日本政府代表部,バチカン,カタール,シンガポール)。]

 帰朝大使夫妻の「お茶」は、3年は宮殿で行われていましたが、19年には御所で行われています。したがって場所の変更は21年のご負担軽減策実施の結果ではありません。

 件数としては、21年のご負担軽減策実施以降、逆に増えているようです。月ごとにまとめられれば件数は抑えられると思います。そんなに難しいこととも思えませんが、できない特別の理由があるのでしょうか。

 帰朝大使夫妻に加えて、赴任大使夫妻の「お茶」が行われるようになったのは、正確には27年で、それ以前は赴任大使夫妻の場合は「拝謁」「ご接見」でした。ご負担軽減に逆行するように見える「お茶」に変わったのには、どのような経緯があるのでしょう。

 外務省関連の「お茶」の件数が減らないのは、なぜでしょうか。幹部に外務省OBが多い宮内庁で、ご負担軽減が率先的に進まず、むしろ関連するご公務の件数が増えているように見えるのはなぜでしょうか。外務省からの指示でもあるのでしょうか。

〈3〉新任外国大使夫妻 計11件(3年は4件。19年は8件。27年は9件)
 お茶(新任外国大使夫妻)(宮殿) 計11件[1月18日(月)天皇皇后両陛下(モザンビーク,ガーナ,ドイツ)。2月18日(木)天皇皇后両陛下(マレーシア,フィジー,グルジア)。3月11日(木)天皇皇后両陛下(ウズベキスタン,モルディブ,タイ)。3月18日(木)天皇皇后両陛下(ブルガリア,シリア,カタール)。4月14(水)天皇皇后両陛下(タジキスタン,中華人民共和国,タンザニア)。9月9日(木)天皇皇后両陛下(ボスニア・ヘルツェゴビナ,イラク,チリ)。10月13日(水)天皇皇后両陛下(コソボ,ケニア,モーリタニア)。11月25日(木)天皇皇后両陛下(スーダン,ホンジュラス,スイス)。12月9日(木)天皇皇后両陛下(エストニア,バングラデシュ,アイルランド)。12月15日(水)天皇皇后両陛下(インドネシア,セネガル,レソト)。12月22日(水)天皇皇后両陛下(ボツワナ,スロベニア,チェコ)。]

 新任外国大使夫妻の「お茶」は3年、19年、22年は宮殿で行われていますが、27年には御所で行われています。ご負担軽減に配慮してのことと推測されますが、実際のところ件数が減っているとはいえません。

 月1回にまとめられれば、これも件数を抑制することは可能かと思われます。

 なお、離任外国大使には「ご引見」が行われています。

〈4〉外国要人 計2件(3年は3件。19年は4件。27年は8件)
1 お茶(元ケニア環境・天然資源副大臣)(御所) 1件[2月17日(水)天皇皇后両陛下]
2 お茶(中国日本友好協会会長(平成4年中華人民共和国御訪問時の首席接伴員))(御所) 1件[6月22日(火)天皇皇后両陛下]

 外国要人の「お茶」が増えているのは国際社会の進展によるものでしょうか。

 これも広くいえば、外務省関連のご公務です。

〈5〉国内学術・芸術・スポーツ功労者 計10件(3年は6件。19年は8件。27年は8件)
1 お茶(日本学士院第一部会員)(御所) 1件[3月11日(木)天皇皇后両陛下]
2 お茶(日本学士院第二部部長始め学士院第二部会員)(御所) 1件[4月22日(木)天皇皇后両陛下]
3 茶会(バンクーバー冬季オリンピック入賞選手及び役員)(宮殿) 1件[5月10日(月)天皇皇后両陛下]
4 茶会(バンクーバー冬季パラリンピック入賞選手及び役員)(宮殿) 1件[5月27日(木)天皇皇后両陛下]
5 茶会(日本芸術院賞平成21年度受賞者及び新会員等)(宮殿) 1件[5月31日(月)天皇皇后両陛下]
6 茶会(日本学士院賞本年度受賞者及び新会員等)(宮殿) 1件[6月21日(月)天皇皇后両陛下]
7 お茶(日本学術院第二部部長始め第二部会員)(御所) 1件[7月8日(木)天皇皇后両陛下]
8 お茶(新認定重要無形文化財保持者夫妻)(宮殿) 1件[9月6日(月)天皇陛下。皇后陛下には,ご不例によりお取りやめ]
9 茶会(文化勲章受章者及び文化功労者等)(宮殿) 1件[11月4日(木)天皇皇后両陛下] 注、前日には天皇陛下による「文化勲章親授式・拝謁・お礼言上(文化勲章受章者)」が宮殿で行われている
10 お茶(日本芸術院第一部部長始め芸術院第一部会員)(御所) 1件[11月15日(月)天皇皇后両陛下]

 日本学士院関連の「お茶」は、3年は第1部会員、学士院賞受賞者・新会員が対象の2件でしたが、19年には学士院賞受賞者・新会員の「茶会」が宮殿で行われ、会員の「お茶」が御所で2回行われるようになりました。

 これが22年には、ご負担軽減策実施にもかかわらず、第2部会にも拡大されたのです。

 当時、宮内庁は「御公務の調整・見直しに当たっては,御公務の重要性と一心にお務めになってこられた両陛下の御公務に対する御姿勢に鑑み,御公務そのものを削減するのではなく,それぞれの御公務の内容・方法等について,両陛下の御負担を少しでも軽減するという観点から,きめ細く調整・見直しを図ることと致しました」(平成21年1月29日)と説明していました。

 しかし「きめ細かい調整・見直し」の結果、ご公務の件数は増えたのです。言行不一致以外の何ものでもありません。そしてやがて陛下は「譲位」を表明されることになったのです。どう見ても自然な流れとは思えません。

 ちなみに学士院は日本学士院法に基づく、功績顕著な科学者を優遇する機関で、第1部会は人文科学分野(定員70人)、第2部会は自然科学分野(定員80人)とされます。

 芸術院関連の「お茶」は、3年は芸術院賞受賞者・新会員が宮殿で、第1部会会員が赤坂御所で行われていました。19年には芸術院賞受賞者・新会員の「茶会」が催されることになりました。「お茶・茶会」に先立って、陛下は芸術院会館での授賞式にもご臨席になっています。

 日本芸術院は日本芸術院令(昭和24年)にもとづく、功績顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関で、第1部は美術(定員56名)が対象とされています。

 新指定重要無形文化財保持者の「お茶」は、3年は赤坂御所で行われましたが、19年、22年、27年は宮殿で行われています。

 22年には、対象者がスポーツ分野にも拡大されました。これが宮内庁によるご負担軽減策の実態です。

〈6〉外国ご訪問関連 計1件(3年は3件。19年は2件。27年は2件)
1 お茶(在トロント日本総領事夫妻(平成21年7月カナダご訪問時のトロント日本総領事夫妻)(御所) 1件[3月17日(水)天皇皇后両陛下]

〈7〉その他 計6件(3年は1件。19年は0件。27年は計7件)
1 お茶(新旧警視総監)(御所) 1件[2月8日(月) 天皇陛下]
2 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿) 1件[10月20日(水)皇后陛下お誕生日。天皇皇后両陛下] 注、3年、19年の「ご日程」では「祝賀行事」と記載されるのみで詳細は公表されていない
3 茶会(ご進講者始めご関係者)(御所) 1件[10月20日(水)皇后陛下お誕生日。天皇皇后両陛下] 注、3年、19年の「ご日程」では「祝賀行事」と記載されるのみで詳細は公表されていない
4 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿) 1件[12月23日(木)天皇陛下お誕生日。天皇皇后両陛下] 注、3年、19年の「ご日程」には「祝賀行事」とあるのみで、詳細は公表されていない
5 茶会の儀(各国の外交使節団の長等)(宮殿) 1件[12月23日(木)天皇陛下お誕生日。天皇皇后両陛下] 注、3年、19年の「ご日程」には「祝賀行事」とあるのみで、詳細は公表されていない)
6 茶会(ご進講者始めご関係者)(御所) 1件[12月23日(木)天皇陛下お誕生日。天皇皇后両陛下] 注、3年、19年の「ご日程」には「祝賀行事」とあるのみで、詳細は公表されていない

 3年は衆議院,参議院役員の「拝謁・お茶」が宮殿で行われた1件だけで、19年には0件でしたが、ご負担軽減策実施後の22年には5件に増えましたが、これはお誕生日の祝賀行事の詳細が「ご日程」に記載されるようになった結果と思われます。

 その後、27年には新旧警察庁長官、歌会始詠進歌選者の「お茶」など7件(お誕生日の「茶会」を含む)に増えましたが、これは明らかにご公務ご負担軽減に逆行するものといえます。


▽2 もしかしたら「譲位」の表明もなかった?

 以上、22年の「お茶・茶会」を対象者で分類してみると、宮内庁が説明する「きめ細かい調整・見直し」にもかかわらず、「お茶・茶会」の件数は減らず、とくに外務省関連の「お茶」が増えていることが分かります。

 有識者会議最終報告の「参考資料」の説明にあるように、昭和天皇と比べて今上天皇のご公務件数が多いとか、「行幸啓や茶会等の国民と接する御活動や外国ご訪問など全般に増加傾向」にあるというような単純なものではありません。

 かつて宮内庁当局が表明していたように、ご負担軽減のために、もし「きめ細かい調整・見直し」が実施されていれば、陛下のご負担は確実に減らすことができただけでなく、陛下がご公務問題で懊悩され、「譲位」を表明なさることもなかったかも知れません。

 そうすれば、昨夏以来、皇室典範改正か、特例法かと大激論をかわす必要もなかったでしょう。

 いや、それどころか、こんどは「女性宮家」創設の大議論が再燃し、提唱者の1人である、外務省出身の元侍従長の露出度も増しています。つくづく尋常ならざる展開だと私は思います。それにしても、外務省のカゲが目立つのはなぜでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

≪再送≫より明確になった宮内庁によるご負担軽減策の失敗 ──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 6 [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です

誤植がありましたので、修正し、再送します


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
≪再送≫より明確になった宮内庁によるご負担軽減策の失敗
──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 6
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


「御代替わり諸儀礼を『国の行事』に」キャンペーンを始めました。皆様、ご協力のほどよろしくお願いします。
https://www.change.org/p/%E6%94%BF%E5%BA%9C-%E5%AE%AE%E5%86%85%E5%BA%81-%E5%BE%A1%E4%BB%A3%E6%9B%BF%E3%82%8F%E3%82%8A%E8%AB%B8%E5%84%80%E7%A4%BC%E3%82%92-%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%A1%8C%E4%BA%8B-%E3%81%AB

 さて、前回まで、平成3年、19年、27年の「お茶・茶会」について、件数の推移を見てきました。目的は有識者会議最終報告の検証です。

 最終報告の「参考資料」は、昭和33年、昭和天皇57歳時および58年、82歳時。これと平成3年、今上陛下57歳時と27年、82歳時を比較し、昭和天皇と比べて今上天皇のご公務件数がいかに多いかを浮かび上がらせ、「行幸啓や茶会等の国民と接する御活動や外国ご訪問など全般に増加傾向」と説明していますが、ほんとうでしょうか。

 じつのところ、この説明は誤りであって、正確には、「お茶・茶会」についていえば、宮内庁によるご負担軽減策にもかかわらず激増したのでした。そのことは、19年の数値を見ることによってわかります。

 鳴り物入りのご負担軽減策は失敗したのです。とすれば、その原因を明らかにする必要があり、有識者会議はまず第1にそのことを検証すべきでした。「退位」問題に一気に突っ走るべきではなかったのではありませんか。

 今回は22年を調べてみます。ご公務ご負担軽減が始まった御在位20年直後のデータを拾い上げることによって、ご公務の件数が増えた時期をさらに明確化させることができると考えるからです。ご公務件数が増えた理由も見えてくるかも知れません。

御活動の概況と推移.png


▽1 22年の「お茶・茶会」

1 1月13日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(カンボジア,ハンガリー,ポーランド))(御所)
2 1月18日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(モザンビーク,ガーナ,ドイツ))(宮殿)
3 2月8日(月) 天皇陛下 お茶(新旧警視総監)(御所)
4 2月8日(月) 天皇陛下 お茶(退職認証官)(宮殿)
5 2月15日(月) 天皇陛下 お茶(退職認証官)(宮殿)
6 2月17日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(元ケニア環境・天然資源副大臣)(御所)
7 2月18日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(マレーシア,フィジー,グルジア))(宮殿)
8 3月11日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ウズベキスタン,モルディブ,タイ))(宮殿)
9 3月11日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学士院第一部会員)(御所)
10 3月17日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(在トロント日本総領事夫妻(平成21年7月カナダご訪問時のトロント日本総領事夫妻))(御所)
11 3月18日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ブルガリア,シリア,カタール))(宮殿)
12 4月14(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(タジキスタン,中華人民共和国,タンザニア))(宮殿)
13 4月22日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学士院第二部部長始め学士院第二部会員)(御所)
14 5月10日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(バンクーバー冬季オリンピック入賞選手及び役員)(宮殿)
15 5月10日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(モロッコ,イエメン,スーダン,ウルグアイ))(御所)
16 5月27日(木) 天皇皇后両陛下 茶会(バンクーバー冬季パラリンピック入賞選手及び役員)(宮殿)
17 5月31日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(日本芸術院賞平成21年度受賞者及び新会員等)(宮殿)
18 6月21日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(日本学士院賞本年度受賞者及び新会員等)(宮殿)
19 6月22日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(中国日本友好協会会長(平成4年中華人民共和国御訪問時の首席接伴員))(御所)
20 7月8日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学術院第二部部長始め第二部会員)(御所)
21 9月6日(月) 天皇陛下 お茶(新認定重要無形文化財保持者夫妻)(宮殿)[皇后陛下には,ご不例によりお取りやめ]
22 9月9日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ボスニア・ヘルツェゴビナ,イラク,チリ))(宮殿)
23 10月13日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(コソボ,ケニア,モーリタニア))(宮殿)
24 10月20日(水) 皇后陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿) 注、3年、19年の「ご日程」では「祝賀行事」と記載されるのみで詳細は公表されていない
25 10月20日(水) 皇后陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(ご進講者始めご関係者)(御所) 注、3年、19年の「ご日程」では「祝賀行事」と記載されるのみで詳細は公表されていない
26 11月1日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(大韓民国,中華人民共和国,オーストラリア,ベトナム))(御所)
27 11月4日(木) 天皇皇后両陛下 茶会(文化勲章受章者及び文化功労者等)(宮殿) 注、前日には天皇陛下による「文化勲章親授式・拝謁・お礼言上(文化勲章受章者)」が宮殿で行われている
28 11月15日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(日本芸術院第一部部長始め芸術院第一部会員)(御所)
29 11月17日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(国際連合日本政府代表部,バチカン,カタール,シンガポール))(御所)
30 11月25日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(スーダン,ホンジュラス,スイス))(宮殿)
31 12月9日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(エストニア,バングラデシュ,アイルランド))(宮殿)
32 12月15日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(インドネシア,セネガル,レソト))(宮殿)
33 12月22日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ボツワナ,スロベニア,チェコ))(宮殿)
34 12月23日(木) 天皇陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿) 注、3年、19年の「ご日程」には「祝賀行事」とあるのみで、詳細は公表されていない
35 12月23日(木) 天皇陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会の儀(各国の外交使節団の長等)(宮殿 注、3年、19年の「ご日程」には「祝賀行事」とあるのみで、詳細は公表されていない)
36 12月23日(木) 天皇陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(ご進講者始めご関係者)(御所) 注、3年、19年の「ご日程」には「祝賀行事」とあるのみで、詳細は公表されていない


▽2 もし失敗の原因を検証していたら

 以上、宮内庁HPに掲載される「陛下のご日程」から、22年の「お茶・茶会」を抽出すると、全体では36件でした。

 前回まで見てきたように、3年の「お茶・茶会」は24件(「ご日程」では24件。「有識者会議最終報告」では26件。お誕生日祝賀行事の「茶会」が「ご日程」では記載されていないためと推測される)、19年は33件(「最終報告」では取り上げられず)で、27年は53件(「ご日程」では53件、「最終報告」では57件)でした。

 とすると、21年の宮内庁によるご負担軽減策実施にもかかわらず、「お茶・茶会」の件数はまったく減ることがなかったこと、逆にその後、増えていったことがはっきりします。少なくとも「お茶・茶会」についていえば、宮内庁によるご負担軽減策は失敗だったことがより明確になりました。

 今回の有識者会議は「天皇の公務の負担軽減等」が、表向きのテーマだったはずです。宮内庁のご負担軽減策がなぜ失敗したのか、真っ先に、具体的に検討すべきではなかったでしょうか。

 そうすれば、「退位」の認否に特化する「最終報告」が提出されるようなことはなかったかも知れません。法的手法をめぐって激論する必要もなかったのではありませんか。

 次回は、いつものように、「お茶・茶会」を対象者で分類し、何がどう変化したのかを分析することにします。件数が増えた理由が見えてくるかも知れません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

明確になった宮内庁によるご負担軽減策の失敗 ──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 6 [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
明確になった宮内庁によるご負担軽減策の失敗
──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 6
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


「御代替わり諸儀礼を『国の行事』に」キャンペーンを始めました。皆様、ご協力のほどよろしくお願いします。
https://www.change.org/p/%E6%94%BF%E5%BA%9C-%E5%AE%AE%E5%86%85%E5%BA%81-%E5%BE%A1%E4%BB%A3%E6%9B%BF%E3%82%8F%E3%82%8A%E8%AB%B8%E5%84%80%E7%A4%BC%E3%82%92-%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%A1%8C%E4%BA%8B-%E3%81%AB

 さて、前回まで、平成3年、19年、27年の「お茶・茶会」について、件数の推移を見てきました。目的は有識者会議最終報告の検証です。

 最終報告の「参考資料」は、昭和33年、昭和天皇57歳時および58年、82歳時。これと平成3年、今上陛下57歳時と27年、82歳時を比較し、昭和天皇と比べて今上天皇のご公務件数がいかに多いかを浮かび上がらせ、「行幸啓や茶会等の国民と接する御活動や外国ご訪問など全般に増加傾向」と説明していますが、ほんとうでしょうか。

御活動の概況と推移.png


 じつのところ、この説明は誤りであって、正確には、「お茶・茶会」についていえば、宮内庁によるご負担軽減策にもかかわらず激増したのでした。そのことは、19年の数値を見ることによってわかります。

 鳴り物入りのご負担軽減策は失敗したのです。とすれば、その原因を明らかにする必要があり、有識者会議はまず第1にそのことを検証すべきでした。「退位」問題に一気に突っ走るべきではなかったのではありませんか。

 今回は22年を調べてみます。ご公務ご負担軽減が始まった御在位20年直後のデータを拾い上げることによって、ご公務の件数が増えた時期をさらに明確化させることができると考えるからです。ご公務件数が増えた理由も見えてくるかも知れません。


▽1 22年の「お茶・茶会」

1 1月13日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(カンボジア,ハンガリー,ポーランド))(御所)
2 1月18日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(モザンビーク,ガーナ,ドイツ))(宮殿)
3 2月8日(月) 天皇陛下 お茶(新旧警視総監)(御所)
4 2月8日(月) 天皇陛下 お茶(退職認証官)(宮殿)
5 2月15日(月) 天皇陛下 お茶(退職認証官)(宮殿)
6 2月17日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(元ケニア環境・天然資源副大臣)(御所)
7 2月18日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(マレーシア,フィジー,グルジア))(宮殿)
8 3月11日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ウズベキスタン,モルディブ,タイ))(宮殿)
9 3月11日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学士院第一部会員)(御所)
10 3月17日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(在トロント日本総領事夫妻(平成21年7月カナダご訪問時のトロント日本総領事夫妻))(御所)
11 3月18日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ブルガリア,シリア,カタール))(宮殿)
12 4月14(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(タジキスタン,中華人民共和国,タンザニア))(宮殿)
13 4月22日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学士院第二部部長始め学士院第二部会員)(御所)
14 5月10日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(バンクーバー冬季オリンピック入賞選手及び役員)(宮殿)
15 5月10日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(モロッコ,イエメン,スーダン,ウルグアイ))(御所)
16 5月27日(木) 天皇皇后両陛下 茶会(バンクーバー冬季パラリンピック入賞選手及び役員)(宮殿)
17 5月31日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(日本芸術院賞平成21年度受賞者及び新会員等)(宮殿)
18 6月21日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(日本学士院賞本年度受賞者及び新会員等)(宮殿)
19 6月22日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(中国日本友好協会会長(平成4年中華人民共和国御訪問時の首席接伴員))(御所)
20 7月8日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学術院第二部部長始め第二部会員)(御所)
21 9月6日(月) 天皇陛下 お茶(新認定重要無形文化財保持者夫妻)(宮殿)[皇后陛下には,ご不例によりお取りやめ]
22 9月9日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ボスニア・ヘルツェゴビナ,イラク,チリ))(宮殿)
23 10月13日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(コソボ,ケニア,モーリタニア))(宮殿)
24 10月20日(水) 皇后陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿) 注、3年、19年の「ご日程」では「祝賀行事」と記載されるのみで詳細は公表されていない
25 10月20日(水) 皇后陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(ご進講者始めご関係者)(御所) 注、3年、19年の「ご日程」では「祝賀行事」と記載されるのみで詳細は公表されていない
26 11月1日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(大韓民国,中華人民共和国,オーストラリア,ベトナム))(御所)
27 11月4日(木) 天皇皇后両陛下 茶会(文化勲章受章者及び文化功労者等)(宮殿) 注、前日には天皇陛下による「文化勲章親授式・拝謁・お礼言上(文化勲章受章者)」が宮殿で行われている
28 11月15日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(日本芸術院第一部部長始め芸術院第一部会員)(御所)
29 11月17日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(国際連合日本政府代表部,バチカン,カタール,シンガポール))(御所)
30 11月25日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(スーダン,ホンジュラス,スイス))(宮殿)
31 12月9日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(エストニア,バングラデシュ,アイルランド))(宮殿)
32 12月15日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(インドネシア,セネガル,レソト))(宮殿)
33 12月22日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ボツワナ,スロベニア,チェコ))(宮殿)
34 12月23日(木) 天皇陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿) 注、3年、19年の「ご日程」には「祝賀行事」とあるのみで、詳細は公表されていない
35 12月23日(木) 天皇陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会の儀(各国の外交使節団の長等)(宮殿 注、3年、19年の「ご日程」には「祝賀行事」とあるのみで、詳細は公表されていない)
36 12月23日(木) 天皇陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(ご進講者始めご関係者)(御所) 注、3年、19年の「ご日程」には「祝賀行事」とあるのみで、詳細は公表されていない


▽2 もし失敗の原因を検証していたら

 以上、宮内庁HPに掲載される「陛下のご日程」から、19年の「お茶・茶会」を抽出すると、全体では36件でした。

 前回まで見てきたように、3年の「お茶・茶会」は24件(「ご日程」では24件。「最終報告」では26件。お誕生日の「茶会」が「ご日程」では記載されていないためと推測される)、19年は33件(「最終報告」では取り上げられず)で、27年は53件(「ご日程」では53件、「最終報告」では57件)でした。

 とすると、21年の宮内庁によるご負担軽減策実施にもかかわらず、「お茶・茶会」の件数はまったく減ることがなかったこと、逆にその後、増えていったことがはっきりします。少なくとも「お茶・茶会」についていえば、宮内庁によるご負担軽減策は失敗だったことがより明確になりました。

 今回の有識者会議は「天皇の公務の負担軽減等」が、表向きのテーマだったはずです。宮内庁のご負担軽減策がなぜ失敗したのか、真っ先に、具体的に検討すべきではなかったでしょうか。

 そうすれば、「退位」の認否に特化する「最終報告」が提出されるようなことはなかったかも知れません。法的手法をめぐって激論する必要もなかったのではありませんか。

 次回は、いつものように、「お茶・茶会」を対象者で分類し、何がどう変化したのかを分析することにします。件数が増えた理由が見えてくるかも知れません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ご負担軽減策以後増えた日本大使夫妻、外国要人の「お茶」 ──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 5 [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ご負担軽減策以後増えた日本大使夫妻、外国要人の「お茶」
──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 5
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 前回は、ご公務ご負担策実施直前の平成19年、陛下74歳時の「お茶・茶会」を「ご日程」から拾い上げました。

 件数は33件で、平成3年の26件(有識者会議最終報告の「参考資料」)よりは増えましたが、27年の57件には及ばないことが分かりました。

 有識者会議最終報告の「参考資料」に「天皇陛下のご活動の概況および推移」が表示され、「行幸啓や茶会等の国民と接する御活動や外国ご訪問など全般に増加傾向」と説明されているのは誤りであって、正確には、「お茶・茶会」についていえば、ご負担軽減策にもかかわらず激増したというべきです。

 有識者会議最終報告は、昭和33年、昭和天皇57歳時および58年、82歳時。これと平成3年、今上陛下57歳時と27年、82歳時を比較し、昭和天皇と比べて今上天皇のご公務件数がいかに多いかを浮かび上がらせているのですが、そこがそもそも意図的に感じられます。

 ご負担軽減策にもかかわらず激増したということがはっきりすれば、会議の議論も変わっていたのではないでしょうか。


▽1 平成19年の「お茶・茶会」
御活動の概況と推移.png

 さて、今回は、例によって、対象者によって「お茶・茶会」を分類し、分析することにします。

〈1〉退官認証官 計2件(3年は4件。27年は2件)
 お茶(退職認証官)(宮殿) 2件[12月10日(月)天皇陛下。12月12日(水)天皇陛下]

 なぜ2日後にふたたび行われるのか、なぜ1日で終われないのか、私には分かりません。宮殿の大広間でも1度に集まりきれないほど、人数が多いのでしょうか。

〈2〉赴任・帰朝大使夫妻 計9件(3年は帰朝大使のみで3件。27年は帰朝大使夫妻10件、赴任大使夫妻7件の計17件)
 お茶(帰朝大使夫妻)(御所) 計9件[1月17日(水)天皇皇后両陛下(ベルギー,デンマーク兼リトアニア,スリランカ兼モルディブ,イスラエル)。1月22日(月)天皇皇后両陛下(バチカン,タンザニア,ポーランド,ジャマイカ兼バハマ兼ベリーズ)。1月29日(月)天皇皇后両陛下(フィンランド兼エストニア,ハンガリー,スーダン,ブルネイ)。2月9日(木)天皇皇后両陛下(軍縮会議日本政府代表部,エチオピア兼ジブチ,モロッコ,レバノン)。4月12日(木)天皇皇后両陛下(カナダ兼国際民間航空機関日本政府代表部,エジプト,エクアドル,チュニジア)。7月2日(月)天皇皇后両陛下(ニュージーランド兼サモア,ドミニカ共和国兼ハイチ,カンボジア,ホンジュラス)。7月18日(水)天皇皇后両陛下(ニカラグア,ノルウェー兼アイスランド,ガボン兼コンゴ共和国兼赤道ギニア兼サントメ・プリンシペ,ウルグアイ)。8月9日(木)天皇皇后両陛下(チリ,スウェーデン兼ラトビア,メキシコ,ウズベキスタン兼タジキスタン)。11月8日(木)天皇皇后両陛下(グアテマラ,マレーシア,オランダ,ミャンマー)。]

 帰朝大使夫妻の「お茶」が御所で行われるようになったのは、21年以後のご負担軽減策の結果ではないようです。

 毎週のように、4人の大使を夫人とともに御所に招くスタイルがご負担軽減策実施以後も変わらないのは、ご負担軽減策が及ばない聖域だからでしょうか。

 帰朝大使夫妻に加えて、赴任大使夫妻の「お茶」が行われるようになったのは、ご負担軽減策実施以後のようです。3年当時は赴任大使夫妻に対して、「拝謁」が宮殿で行われていました。19年も同様です。それが27年になると、「ご接見」「お茶」へと変わったようです。

 それはご負担を軽減することだったのでしょうか。毎週のように日程を組まずに、せめて月ごとにまとめられれば、ご負担は軽減されるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

〈3〉新任外国大使夫妻 計8件(3年は4件。27年は9件)
 お茶(新任外国大使夫妻)(宮殿) 計8件[1月18日(木)天皇皇后両陛下(エストニア,スーダン,スウェーデン,レソト)。5月16日(水)天皇皇后両陛下(コロンビア,ウルグアイ,トルコ,ウクライナ)。7月12日(木)天皇皇后両陛下(ペルー,アンゴラ,ラオス,ロシア)。10月11日(木)天皇皇后両陛下(ボリビア,大韓民国,ホンジュラス,ニュージーランド)。10月22日(月)天皇皇后両陛下(ガザフスタン,オーストリア,ギニア,コスタリカ)。11月28日(水)天皇皇后両陛下(ベナン,イスラエル,エジプト,ハンガリー)。12月14日(金)天皇皇后両陛下(ルクセンブルク,キューバ,ニカラグア,イエメン)。12月21日(金)天皇皇后両陛下(中華人民共和国,タジキスタン,ネパール,クウェート)。]

 新任外国大使夫妻の「お茶」は27年には宮殿から御所へ移りました。件数としてはご負担軽減策実施以後もほとんど変わりがありません。

〈4〉外国要人 計4件(3年は3件。27年は8件)
1 お茶(ニュージーランドマオリ王及び同王妃)(御所) 1件[1月22日(月)天皇皇后両陛下]
2 お茶(元アメリカ合衆国国務長官夫妻)(御所) 1件[3月26日(月)天皇皇后両陛下]
3 お茶(スウェーデン国王姉クリスティーナ殿下及び同夫君,他ご家族)(御所) 1件[4月9日(月)天皇皇后両陛下]
4 お茶(ヨルダン国ムナ王母殿下)(御所) 1件[6月1日(金)天皇皇后両陛下]

 外国要人の「お茶」もご負担軽減以後、逆に増えています。

〈5〉国内学術・芸術功労者 計8件(3年は6件。27年は8件)
1 お茶(日本芸術院第一部会員)(御所) 2件[2月22日(木)天皇皇后両陛下。11月29日(木)天皇皇后両陛下]
2 茶会(日本学士院本年度受賞者及び新会員等)(宮殿) 1件[6月11日(月)天皇皇后両陛下] 注、この日、茶会に先立ち、陛下は皇后陛下とともに、学士院会館での学士院第97回授賞式にご臨席になった
3 茶会(日本芸術院本年度受賞者及び新会員等)(宮殿) 1件[6月18日(月)天皇皇后両陛下] 注、この日、茶会に先立ち、陛下は皇后陛下とともに、芸術院会館での第63回芸術院授賞式にご臨席になった
4 お茶(新認定重要無形文化財保持者夫妻)(宮殿) 1件[9月6日(木)天皇皇后両陛下]
5 お茶(日本学士院第一部会員)(御所) 2件[10月3日(水)天皇皇后両陛下。10月10日(水)天皇皇后両陛下]
6 茶会(文化勲章受章者及び文化功労者)(宮殿) 1件[11月5日(月)天皇皇后両陛下]

 ご負担軽減策実施の前後でほとんど件数は変わりません。

 芸術院第1部会員や学士院第1部会員の「お茶」は年一度にまとめられれば、それだけご負担が減るように思われますが、できない理由があるのでしょうか。

〈6〉外国ご訪問関連 計2件(3年は3件。27年は2件)
1 茶会(外国ご訪問随員等)(宮殿) 1件[5月2日(水)天皇皇后両陛下] 注、この年5月に陛下は皇后陛下とともにヨーロッパ諸国を公式ご訪問になった。この日、「茶会」に先立ち、随員等の拝謁が行われた
2 茶会(外国ご訪問尽力者)(宮殿) 1件[6月13日(水)天皇皇后両陛下]

〈7〉その他 計0件(3年は1件。27年は計7件)

 3年には衆議院,参議院の役員の「拝謁・お茶」が宮殿でおこなわれ、27年には新旧警察庁長官や歌会始詠進歌選者の「お茶」が御所で行われましたが、19年にはいずれも行われていません。


▽2 有識者会議は議論すべきだった

 以上のことから、宮中祭祀のお出ましばかりが激減した、21年以後のご負担軽減策の不自然さがあらためて浮き彫りになると同時に、退位問題に終始した有識者会議の異様さが浮かび上がってこないでしょうか。

 ご負担軽減策にもかかわらず、なぜご公務は増えたのか、つまり、なぜ宮内庁の軽減策は失敗したのか、有識者会議は検証すべきではなかったでしょうか。

 次回は22年の「お茶・茶会」について、分析することにします。ご負担軽減策実施直後の動きを知りたいからです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ご負担軽減策にもかかわらず増えた「お茶・茶会」 ──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 4 [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ご負担軽減策にもかかわらず増えた「お茶・茶会」
──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 4
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 有識者会議最終報告の「参考資料」に「天皇陛下のご活動の概況および推移」が表示されています。とくに増加傾向が顕著なものとして指摘されているのが、「お茶・茶会」「行幸啓におけるご活動」「外国ご訪問におけるご活動」です。

御活動の概況と推移.png


 昭和天皇の場合、昭和33年、天皇57歳時の「お茶・茶会」はわずかに3件、これが58年、82歳時には4件とわずかに増えましたが、今上陛下の場合、平成3年、57歳時の「お茶・茶会」が26件で、昭和の時代に比べてそもそも多いのに、27年、82歳時には57件に激増しました。

 いつ、どのように増えたのか、今回は平成19年、陛下74歳時の「お茶・茶会」を振り返り、考えてみます。

 宮内庁が今上陛下のご健康問題を契機に、ご負担軽減について最初に発表したのは20年2月で、御在位20年が区切りとなり、21年から軽減策が採られるようになりましたが、御在位20年の前後、「お茶・茶会」の件数はどう変化したのか、検証します。


▽1 軽減策直前の「お茶・茶会」

 まず、ご負担軽減策実施の直前、19年の「お茶・茶会」を拾い上げてみます。

1 1月17日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ベルギー,デンマーク兼リトアニア,スリランカ兼モルディブ,イスラエル))(御所)
2 1月18日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(エストニア,スーダン,スウェーデン,レソト))(宮殿)
3 1月22日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(バチカン,タンザニア,ポーランド,ジャマイカ兼バハマ兼ベリーズ))(御所)
4 1月22日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(ニュージーランドマオリ王及び同王妃)(御所)
5 1月29日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(フィンランド兼エストニア,ハンガリー,スーダン,ブルネイ))(御所)
6 2月9日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(軍縮会議日本政府代表部,エチオピア兼ジブチ,モロッコ,レバノン))(御所)
7 2月22日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本芸術院第一部会員)(御所)
8 3月26日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(元アメリカ合衆国国務長官夫妻)(御所)
9 4月9日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(スウェーデン国王姉クリスティーナ殿下及び同夫君,他ご家族)(御所)
10 4月12日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(カナダ兼国際民間航空機関日本政府代表部,エジプト,エクアドル,チュニジア))(御所)
11 5月2日(水) 天皇皇后両陛下 茶会(外国ご訪問随員等)(宮殿) 注、この年5月に陛下は皇后陛下とともにヨーロッパ諸国を公式ご訪問になった。この日、茶会に先立ち、随員等の拝謁が行われた
12 5月16日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(コロンビア,ウルグアイ,トルコ,ウクライナ))(宮殿)
13 6月1日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(ヨルダン国ムナ王母殿下)(御所)
14 6月11日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(日本学士院本年度受賞者及び新会員等)(宮殿) 注、この日、茶会に先立ち、陛下は皇后陛下とともに、学士院会館での学士院第97回授賞式にご臨席になった
15 6月13日(水) 天皇皇后両陛下 茶会(外国ご訪問尽力者)(宮殿)
16 6月18日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(日本芸術院本年度受賞者及び新会員等)(宮殿) 注、この日、茶会に先立ち、陛下は皇后陛下とともに、芸術院会館での第63回芸術院授賞式にご臨席になった
17 7月2日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ニュージーランド兼サモア,ドミニカ共和国兼ハイチ,カンボジア,ホンジュラス))(御所)
18 7月12日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ペルー,アンゴラ,ラオス,ロシア))(宮殿)
19 7月18日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ニカラグア,ノルウェー兼アイスランド,ガボン兼コンゴ共和国兼赤道ギニア兼サントメ・プリンシペ,ウルグアイ))(御所)
20 8月9日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(チリ,スウェーデン兼ラトビア,メキシコ,ウズベキスタン兼タジキスタン))(御所)
21 9月6日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新認定重要無形文化財保持者夫妻)(宮殿)
22 10月3日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学士院第一部会員)(御所)
23 10月10日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学士院第一部会員)(御所)
24 10月11日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ボリビア,大韓民国,ホンジュラス,ニュージーランド))(宮殿)
25 10月22日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ガザフスタン,オーストリア,ギニア,コスタリカ))(宮殿)
26 11月5日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(文化勲章受章者及び文化功労者)(宮殿)
27 11月8日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(グアテマラ,マレーシア,オランダ,ミャンマー))(御所)
28 11月28日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ベナン,イスラエル,エジプト,ハンガリー))(宮殿)
29 11月29日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本芸術院第一部会員)(御所)
30 12月10日(月) 天皇陛下 お茶(退職認証官)(宮殿)
31 12月12日(水) 天皇陛下 お茶(退職認証官)(宮殿)
32 12月14日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ルクセンブルク,キューバ,ニカラグア,イエメン))(宮殿)
33 12月21日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(中華人民共和国,タジキスタン,ネパール,クウェート))(宮殿)


▽2 27年よりはるかに少ない件数

 以上、33件が「ご日程」から拾い上げた「お茶・茶会」です。天皇陛下お誕生日や皇后陛下お誕生日の祝賀行事の「茶会」は含まれていないので、正確な件数はさらに増えるものと思われます。

 とはいえ、平成3年の26件(有識者会議最終報告の「参考資料」)よりは多く、27年の57件(同)よりはるかに少ないことが分かります。つまり、21年から始まった宮内庁のご負担軽減策にも関わらず、「お茶・茶会」は増えたということです。

 それなら、何がどう増えていったのか、次回、分析することにします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

25年間で対象者が大幅に拡大された「お茶・茶会」 ──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 3 [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
25年間で対象者が大幅に拡大された「お茶・茶会」
──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 3
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 陛下のご公務ご負担について、分析を続けます。

 前回は、平成3年、今上陛下57歳時の「お茶・茶会」24件について、対象者によって、〈1〉認証官、〈2〉帰朝大使夫妻、〈3〉外国大使夫妻、〈4〉外国要人、〈5〉国内学術・芸術功労者、〈6〉外国ご訪問関連、〈7〉その他、に分類できることを指摘しました。

 今回は、平成27年、陛下82歳時の「お茶・茶会」です。有識者会議最終報告の参考資料では平成27年の「お茶・茶会」は57件ですが、宮内庁HP上に公表されている「ご日程」では53件です。

 何が増えているのでしょうか。

御活動の概況と推移.png


▽1 退官認証官と外国ご訪問関連以外は軒並み増える

〈1〉退官認証官 計2件(3年は4件)
 お茶(退職認証官)(御所) 2件[7月23日(木)天皇陛下。7月31日(金)天皇陛下。]

 退官認証官の「お茶」は、平成3年には4件ありましたが、2件に減りました。

 3年には宮殿で行われていましたが、27年にはお住まいの御所で行われるようになりました。2週続けての「お茶」ですが、広い部屋のある宮殿なら1度に済まされ、ご負担が軽減されるかも知れません。

〈2〉赴任・帰朝大使夫妻 計17件(3年は帰朝大使夫妻のみで、3件)
1 お茶(帰朝大使夫妻)(御所) 計10件[1月27日(火)天皇皇后両陛下(ミクロネシア兼マーシャル,ドミニカ共和国兼ハイチ,ミャンマー,ジンバブエ)。2月3日(火)天皇皇后両陛下(ペルー,スペイン,スーダン,イスラエル)。2月23日(月)天皇皇后両陛下(ウィーン国際機関日本政府代表部,モザンビーク,エジプト,ボツワナ)。7月2日(木)天皇皇后両陛下(パプアニューギニア兼ソロモン,バチカン,イタリア兼アルバニア兼サンマリノ兼マルタ,欧州連合日本政府代表部)。7月13日(月)天皇皇后両陛下(ベルギー,フィリピン,チリ,東ティモール)。8月6日(木)天皇皇后両陛下(ノルウェー兼アイスランド,リビア,コートジボワール兼トーゴ兼ニジェール,アルジェリア)。8月17日(月)天皇皇后両陛下(インドネシア,ウクライナ兼モルドバ,メキシコ,サウジアラビア)。8月19日(水)天皇皇后両陛下(タンザニア,ガボン兼サントメ・プリンシペ兼赤道ギニア,南アフリカ兼ナミビア兼スワジランド兼レソト,アンゴラ)。9月4日(金)天皇皇后両陛下(ナイジェリア,アラブ首長国連邦,カメルーン兼中央アフリカ兼チャ���鼻ぅ肇鵐♤法�9月7日(月)天皇皇后両陛下(ハンガリー,ジャマイカ兼ベリーズ兼バハマ,オーストラリア,ボスニア・ヘルツェゴビナ)。]

2 お茶(赴任大使夫妻)(御所) 計7件[8月5日(水)天皇皇后両陛下(マーシャル,ルワンダ,チュニジア,リトアニア)(チュニジア大使からは併せて前任地のイラクからの帰国報告をご聴取)。9月16日(水)天皇皇后両陛下(コロンビア,スロベニア,ルーマニア)。10月6日(火)天皇皇后両陛下(ギニア,スウェーデン,イラク)。11月13日(金)天皇皇后両陛下(ラトビア,オマーン,エクアドル)。11月20日(金)天皇皇后両陛下(インド,キューバ,ラオス)。12月7日(月)天皇皇后両陛下(ボリビア,ドイツ,エストニア,アイルランド)(ドイツ大使からは併せて前任地のインド兼ブータンからの帰国報告をご聴取)](御所)。12月11日(金)天皇皇后両陛下(在ジュネーブ国際機関日本政府代表部,ロシア,イスラエル)(御所)]

 平成3年時は帰朝大使夫妻のお茶は宮殿で行われていましたが、27年にはお住まいの御所で行われるようになりました。御所なら、宮殿まで移動する必要はありませんから、その分、ご負担は軽くなります。

 しかし、集まれる人数は限られるでしょう。3年も27年もだいたい4人の大使が対象とされ、27年8、9月にはわずか数日後に「お茶」が繰り返されています。宮殿で10人の大使を対象とすれば件数は減るはずです。

 また、27年には帰朝大使のみならず、赴任大使についても「お茶」が行われるようになりましたから、それだけご負担は倍加したことになります。

 3(1991)年当時、166か国だった国連加盟国数は、27(2015)年には193か国と、16%増えていますから、単純計算で、ご公務件数は2.33倍に増えることになります。ご負担軽減に逆行する状況がなぜ生まれたのでしょうか。

〈3〉新任外国大使夫妻 計9件(3年は4件)
 お茶(新任外国大使夫妻)(御所) 計9件[1月26日(月)天皇皇后両陛下(エストニア,スウェーデン,マケドニア旧ユーゴスラビア共和国)。1月30日(金)天皇皇后両陛下(欧州連合代表部,ケニア,セネガル)。6月9日(火)天皇皇后両陛下(マレーシア,ギリシャ,パナマ)。7月7日(火)天皇皇后両陛下(アルジェリア,タイ,エジプト)。7月30日(木)天皇皇后両陛下(メキシコ,サモア,サウジアラビア)。8月21日(金)天皇皇后両陛下(タンザニア,コスタリカ,ベトナム)。11月4日(水)天皇皇后両陛下(スーダン,カンボジア,デンマーク)。11月18日(水)天皇皇后両陛下(ザンビア,ルワンダ,グアテマラ)。12月2日(水)天皇皇后両陛下(ベルギー,ミャンマー,スリランカ)](御所)。]

 新任外国大使夫妻の「お茶」は、3年時は宮殿で、4件、行われていましたが、27年は御所で行われるようになり、件数も2倍以上に増えました。

 月1回に抑制すれば、6件に減らせます。

〈4〉外国要人 計8件(3年は3件)
1 お茶(ペーター・マウラー 赤十字国際委員会総裁)(御所) 1件[2月12日(木)天皇皇后両陛下]
2 お茶(ウィリアム・ジェファソン・クリントン元アメリカ合衆国大統領)(御所) 1件[3月18日(水)天皇皇后両陛下]
3 お茶(アメリカ合衆国大統領夫人)(御所) 1件[3月19日(木) 天皇皇后両陛下]
4 お茶(ジョージ・良一・アリヨシ 元ハワイ州知事夫妻)(御所) 1件[5月12日(火)天皇皇后両陛下]
5 茶会(第7回太平洋・島サミット首脳会議に出席する各国首脳夫妻等(21名))(宮殿) 1件[5月21日(木)天皇皇后両陛下]
6 茶会(第7回日本・メコン地域諸国首脳会議に出席する各国首脳等)(宮殿) 1件[7月3日(金)天皇陛下]
7 お茶(エドゥアルド・フレイ・ルイス=タグレ元チリ大統領夫妻)(御所) 1件[10月6日(火)天皇皇后両陛下]
8 お茶(ダニエル・エルナンデス・ルイペレス サラマンカ大学学長他)(御所) 1件[11月5日(木)天皇皇后両陛下]

 憲法は、外国大使・公使の接受以外、外交上の権能を天皇に認めていませんが、実際は国際親善を名目に国連機関代表者や元元首、王族などとの「お茶」が行われています。

 3年は3件でしたが、27年には2倍以上に増えました。

 首脳会議が頻繁に行われる時代となり、出席者の「茶会」が設定されることになったこと、対象者が文化人にまで拡大されたこと、などがその要因でしょうか。

〈5〉国内学術・芸術功労者 計8件(3年は6件)
1 お茶(日本学士院第一部長始め学士院第一部会員)(御所) 1件[1月29日(木)天皇皇后両陛下] 注、平成3年は7月9日に行われた
2 お茶(日本学士院第二部長始め学士院第二部会員)(御所) 1件[2月26日(木)天皇皇后両陛下] 注、平成3年は行われていない。一部だけでなく、二部にも広がった
3 お茶(日本芸術院第一部長始め芸術院第一部会員)(御所) 2件[4月22日(水)天皇皇后両陛下。10月21日(水)天皇皇后両陛下] 注、平成3年は年1回だったが、春秋2回行われるようになった
4 茶会(日本学士院賞本年度受賞者及び新会員等)(宮殿) 1件[6月1日(月)天皇皇后両陛下] 注、平成3年は「お茶」だった
5 茶会(日本芸術院賞平成26年度受賞者及び新会員等)(宮殿) 1件[6月22日(月)天皇皇后両陛下] 注、平成3年は「お茶」だった
6 茶会(文化勲章受章者及び文化功労者等)(宮殿) 1件[11月4日(水)天皇皇后両陛下] 注、平成3年は「お茶」だった
7 お茶(新認定重要無形文化財保持者夫妻)(宮殿) 1件[12月1日(火)天皇皇后両陛下]

 平成3年には学術・芸術功労者の「お茶」は6件でしたが、対象者が拡大されただけでなく、いくつかは宮殿での「茶会」に変わりました。

 芸術院第一部会員の「お茶」が2回行われているのはなぜでしょうか。

〈6〉外国ご訪問関連 計2件(3年は3件)
1 茶会(パラオご訪問尽力者)(宮殿) 1件[6月29日(月)天皇皇后両陛下] 注、陛下は27年4月、パラオを訪問され、戦没者を慰霊された
2 お茶(政策研究大学院大学学長,政策研究大学院大学特別教授及び東北大学大学院医学系研究科教授(フィリピンご訪問につき,本年6月同国大統領閣下ご来日[国賓]宮中晩餐に招かれた日比関係尽力者とのご懇談))(御所) 1件[11月4日(水)天皇皇后両陛下] 注、陛下は28年1月、皇后陛下とともにフィリピンを訪問された

 憲法は外交大使・公使の接受を除いて、天皇には外交上の権能はありませんが、外国ご訪問の機会が昭和の時代と比較して格段に増えました。

 けれども、3年は外国ご訪問の首席随員や関係国の友好親善団体役員との「お茶」がありましたが、27年には行われませんでした。

〈7〉その他 計7件(3年は1件)
1 お茶(新旧警察庁長官)(御所) 1件[3月5日(木)天皇皇后両陛下]
2 お茶(歌会始詠進歌選者)(御所) 1件[3月6日(金)天皇皇后両陛下]
3 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿) 1件[10月20日(火)皇后陛下お誕生日。天皇皇后両陛下]
4 茶会(ご進講者等ご関係者)(御所) 1件[10月20日(火)皇后陛下お誕生日。天皇皇后両陛下]
○ お茶(平成27年度「ねむの木賞」受賞者(4名))(御所) 1件[11月9日(月)皇后陛下]
5 茶会(燈光会会員(燈光会創立100周年に当たり))(宮殿) 1件[12月3日(木)天皇皇后両陛下] 注、燈光会は大正4年に設立された、航路標識つまり灯台に関する集まりらしい。
6 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿) 1件[12月23日(水)天皇陛下お誕生日。天皇皇后両陛下]
7 茶会(ご進講者等ご関係者)(御所) 1件[12月23日(水)天皇陛下お誕生日。天皇皇后両陛下]

 皇后陛下お誕生日、天皇陛下お誕生日に元職員たち、御進講関係者の「茶会」が行われることは平成3年にもあったと思われますが、宮内庁HPの「ご日程」には記載がありませんでした。

 3年は衆参両院の役員との「拝謁・お茶」が行われただけでしたが、27年には対象者が増えました。また、3年には皇后陛下のみの「お茶」はありませんでしたが、新たに設けられるようになりました。


▽2 退位問題に走らなくても軽減できるご負担

 以上、総評すると、御在位20年のあと、宮内庁はご公務ご負担軽減策を打ち出したはずですが、実際にはご公務の件数は逆に増えました。とくにここで検証した「お茶・茶会」にそのことがはっきり読み取れます。

 ただ、ご負担軽減策の効果がなかったのかどうかは、3年と27年との比較だけでは分かりません。

 陛下の「お気持ち」を受けて、有識者会議は軽減等について検討したことになっていますが、結局、退位問題に終始しました。なぜ具体的にご公務のあり方を検討しなかったのでしょうか。

「退位」以外に、ご公務を整理し直すことで、少なくとも「お茶・茶会」については軽減を図ることができるのではないかと思われます。

 それとも、陛下は「全身全霊」で、ご公務に務められたのであり、国民もこれを支持しているのだから、軽減を図るくらいなら、退位の方が望ましいという結論になるのでしょうか。私には大袈裟すぎるような気がします。

 次回は、ご負担軽減が始まったご在位20年前後の「お茶・茶会」について、分析してみたい。ご公務が拡大した時期をより明確化し、ご負担軽減策の効果の有無を検証したいからです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

対象者で7つに分類できる陛下の「お茶・茶会」 ──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 2 [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
対象者で7つに分類できる陛下の「お茶・茶会」
──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 2
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 有識者会議の資料をもとに、陛下のご公務ご負担について、分析を続ける。
御活動の概況と推移.png

 有識者会議最終報告の「参考資料」にある「天皇陛下のご活動の概況及び推移」(70ページ)によれば、今上陛下の場合、平成3年、57歳時の「お茶・茶会」が26件だったのに、27年、82歳時には57件となり、25年間で31件も増えている。2.2倍という激増ぶりである。

 前回は、公表されている陛下の「ご日程」から「お茶・茶会」を拾い上げたが、これをグループ分けしてみる。

 まず、平成3年、今上陛下57歳時の「お茶・茶会」である。有識者会議の資料では26件だが、公表データで確認できるのは24件である。対象者によって、〈1〉認証官、〈2〉帰朝大使夫妻、〈3〉外国大使夫妻、〈4〉外国要人、〈5〉国内学術・芸術功労者、〈6〉外国ご訪問関連、〈7〉その他、に分類できそうである。


▽今上陛下57歳時の「お茶・茶会」

〈1〉退官認証官 計4件
 お茶(退官認証官)(宮殿) 4件[1月22日(火)天皇陛下。2月5日(火)天皇陛下。12月6日天皇陛下。12月13日(金)天皇陛下。]

 憲法7条に定められる国事行為の第五号に官吏の任免のことが掲げられている。国事行為とされる認証時の認証官任命式に対応するものであろう。陛下おひとりのご公務であることが注目される。

 昭和期には行われていたものなのかどうか、比較が必要だが、残念ながら昭和期の公表データがない。12月6日には同日に帰朝大使夫妻のお茶も行われている。12月に2週続けてお茶が行われたことにも注目したい。1度に行うことはできないものなのか。

〈2〉帰朝大使夫妻 計3件
 お茶(帰朝大使夫妻)(宮殿) 3件[1月25日(金)天皇皇后両陛下(ドイツ,マレーシア,リベリア,コートジボワール)。5月14日(火)天皇皇后両陛下(ニュージーランド,ポルトガル,チュニジア,ベトナム)。12月6日(金)天皇皇后両陛下(モンゴル,ネパール,リビア,ボリビア)]

 全権委任状、大使・公使の信任状を認証することは天皇の国事行為であり、これに対応するものであろう。

〈3〉外国大使夫妻 4件
 お茶(新任外国大使夫妻)(宮殿) 4件[2月8日(金)天皇皇后両陛下(ドミニカ共和国,コスタリカ,ルーマニア,エルサルバドル,ヨルダン,モロッコ,オーストリア)。5月7日(火)天皇皇后両陛下(フランス,大韓民国,ペルー)。9月6日(金)天皇皇后両陛下(メキシコ,ブルガリア,タンザニア,パプアニューギニア,インドネシア,タイ,ミャンマー,ガボン)。12月12日(木)天皇皇后両陛下(ベネズエラ,デンマーク,キューバ,ネパール,バングラデシュ,コートジボワール,シンガポール,ニカラグア,カタール,ブラジル)。]

 憲法が定める国事行為に、「外国の大使及び公使を接受すること」とあり、信任状捧呈式は国事行為とされる。これに対応するものであろう。

〈4〉外国要人 計3件
1 お茶(世界保健機関事務局長)(赤坂御所) 1件[4月1日(月)天皇陛下。] 
2 お茶(スリランカ前大統領夫妻)(赤坂御所) 1件[4月30日(火)天皇皇后両陛下。]
3 お茶(英国王族マイケル王子殿下)(赤坂御所) 1件[6月1日(土)天皇皇后両陛下。]

 憲法上は外国大使・公使の接受以外、外交関連の国事行為は既定がないが、国際親善を目的に、来日した国賓のための公式晩餐、その他外国要人、在京外国大使などのためのご引見、午餐などが行われており、これに準ずるものであろう。宮殿ではなく、お住まいの御所で行われていることに注目したい。

〈5〉国内学術・芸術功労者 計6件
1 お茶(日本芸術院賞受賞者,新会員)(宮殿) 1件[6月3日(月)天皇皇后両陛下。]
2 お茶(日本学士院賞受賞者,新会員)(宮殿) 1件[6月10日(月)天皇皇后両陛下]
3 お茶(新指定重要無形文化財保持者)(赤坂御所) 1件[6月27日(木)天皇皇后両陛下。]
4 お茶(日本芸術院第一部会員)(赤坂御所) 1件[7月5日(金)天皇皇后両陛下。]
5 お茶(日本院学士〈ママ〉第一部会員)(赤坂御所) 1件[7月9日(火)天皇皇后両陛下。]
6 お茶(文化勲章受章者,文化功労者等)(宮殿) 1件[11月5日(火)天皇皇后両陛下]

 国事行為には「栄典を授与すること」とあり、勲章親授式は国事行為とされるが、学芸を重んじてきたことは皇室の伝統でもある。宮殿で行われる場合と御所で行われる場合がある。

〈6〉外国ご訪問関連 計3件
1 お茶(外国ご訪問首席随員始め)(宮殿) 1件[9月13日(金)天皇皇后両陛下。]
2 お茶(ご訪問3か国関係友好親善団体役員)(宮殿) 1件[9月17日(火)天皇皇后両陛下。] 
3  茶会(タイ,マレーシア,インドネシアご訪問関係者)(宮殿) 1件[10月31日(木)天皇皇后両陛下]

 平成3年9月26日から10月6日にかけて、陛下は皇后陛下とともに、タイ、マレーシア、インドネシアを訪問された。このときの随員・関係者と交流を図られたものであろう。ただ、憲法上、天皇には、外国大使・公使の接受以外、外交上の権能はない。

〈7〉その他 計1件
 拝謁・お茶(衆議院,参議院の役員)(宮殿) 1件[4月8日(月)天皇陛下。]

 衆参両院正副議長、特別委員長、憲法審査会長らとお会いになったものらしい。第120回通常国会の会期中だった。拝謁を伴っていることが注目される。


▽「全身全霊の務め」の結果か

 以上、平成3年、今上陛下57歳時の「お茶・茶会」(実際は「お茶」のみ)は24件(有識者会議最終報告の参考資料では26件)。昭和33年、昭和天皇57歳時の3件、58年、82歳時の4件に比べて格段に多い。これはなぜなのか。

「お茶」は憲法の国事行為と関連があるとはいえ、ご公務それ自体に直接的な法的根拠があるわけではない。昨夏の陛下のお言葉にあるように、陛下が「全身全霊をもって象徴の務めを果たして」こられたことの結果と解すべきなのかどうか。外国要人の場合は要請を受けてのものなのかどうか。

 陛下のご発案だとしたら、宮内庁当局はどのように関わったのだろうか。ご発案だけということは考えにくい。ご発案ではないのだとしたら、どのような目的と経緯で「お茶・茶会」は始まったのだろうか。

 次回は、平成27年、陛下82歳時の「お茶・茶会」を分析する。3年との比較もしてみたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

陛下のご公務の何が増えたのか ──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 1 [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
陛下のご公務の何が増えたのか
──ご公務ご負担軽減を検討しなかった有識者会議? 1
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 昨年来、陛下の「退位」問題が議論されることになったのは、療養中で、ご高齢にもかかわらず、ご公務のご負担がいっこうに減らないという実態があるからだった。

 いったいご公務の何が件数として減らないのか。原因が分からなければ、軽減策の打ち出しようがない。

 ところが、その名もずばり「公務の負担軽減等に関する有識者会議」と銘打った、総理の私的諮問機関がこれを具体的に検討した気配が感じられない。

 それどころか、現実的な「負担軽減」より、「等」の退位問題に一足飛びにテーマは発展し、法制化の手法に特化してしまったのである。宮内庁は肝心の検討材料となるデータを出し渋ったとも伝えられる。

 それではお話にならない。どうしてそうなるのだろうか。

 ここでは会議の資料をもとに、あらためてご公務ご負担について、具体的に考えみたい。


▽激増した「お茶・茶会」

 有識者会議最終報告の「参考資料」に「天皇陛下のご活動の概況及び推移」(70ページ)と題する一覧表が載っている。昭和天皇と今上天皇のそれぞれ57歳、82歳時の各ご公務の件数が数値で示されている。〈http://www.kantei.go.jp/jp/singi/koumu_keigen/pdf/sankousiryou.pdf
御活動の概況と推移.png

「国事行為は大きな変化は見られない。行幸啓や茶会などの国民と接するご活動や外国ご訪問など全般に増加傾向」との説明があり、「お茶・茶会」「行幸啓におけるご活動」「外国ご訪問におけるご活動」の部分が赤枠で囲まれ、強調されている。

 昭和天皇の場合、昭和33年、天皇57歳時の「お茶・茶会」はわずかに3件、これが58年、82歳時には4件に増えた。

 今上陛下の場合は、平成3年、57歳時の「お茶・茶会」が26件、27年、82歳時には57件。25年間でプラス31件(2.2倍)に増えている。

「行幸啓」は、昭和天皇の場合は125件から42件に減少したが、今上天皇は88件から128件、プラス40件(1.45倍)、逆に増えた。

「外国ご訪問」は、昭和天皇のデータはないが、今上天皇は44件から10件。マイナス34件と示されている。

 とくに今上天皇の「お茶・茶会」の激増が顕著である。

 何がこんなに増えたのか、今上陛下の「ご日程」から具体的に検証してみたい。昭和天皇との比較もしたいところだが、残念ながら公表データがない、


▽今上陛下57歳時の「お茶・茶会」

 まず、平成3年、今上陛下57歳時の「お茶・茶会」である。参考までに皇后陛下のご公務もあわせて拾ってみることにする。

○ 1月10日(木) 皇后陛下 お茶(ブロッキー夫妻)(赤坂御所)
1 1月22日(火) 天皇陛下 お茶(退官認証官)(宮殿)
2 1月25日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ドイツ,マレーシア,リベリア,コートジボワール))(宮殿)
3 2月5日(火) 天皇陛下 お茶(退官認証官)(宮殿)
4 2月8日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ドミニカ共和国,コスタリカ,ルーマニア,エルサルバドル,ヨルダン,モロッコ,オーストリア))(宮殿)
5 4月1日(月) 天皇陛下 お茶(世界保健機関事務局長)(赤坂御所)
6 4月8日(月) 天皇陛下 拝謁・お茶(衆議院,参議院の役員)(宮殿)
7 4月30日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(スリランカ前大統領夫妻)(赤坂御所)
8 5月7日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(フランス,大韓民国,ペルー))(宮殿)
9 5月14日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ニュージーランド,ポルトガル,チュニジア,ベトナム))(宮殿)
10 6月1日(土) 天皇皇后両陛下 お茶(英国王族マイケル王子殿下)(赤坂御所)
11 6月3日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(日本芸術院賞受賞者,新会員)(宮殿)
12 6月10日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学士院賞受賞者,新会員)(宮殿)
13 6月27日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新指定重要無形文化財保持者)(赤坂御所)
14 7月5日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(日本芸術院第一部会員)(赤坂御所)
15 7月9日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(日本院学士第一部会員)(赤坂御所)
16 9月6日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(メキシコ,ブルガリア,タンザニア,パプアニューギニア,インドネシア,タイ,ミャンマー,ガボン))(宮殿)
17 9月13日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(外国ご訪問首席随員始め)(宮殿)
18 9月17日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(ご訪問3か国関係友好親善団体役員)(宮殿)
19 10月31日(木) 天皇皇后両陛下 茶会(タイ,マレーシア,インドネシアご訪問関係者)(宮殿)
20 11月5日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(文化勲章受章者,文化功労者等)(宮殿)
21 12月6日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(モンゴル,ネパール,リビア,ボリビア))(宮殿)
22 同日 天皇陛下 お茶(退官認証官)(宮殿)
23 12月12日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ベネズエラ,デンマーク,キューバ,ネパール,バングラデシュ,コートジボワール,シンガポール,ニカラグア,カタール,ブラジル))(宮殿)
24 12月13日(金) 天皇陛下 お茶(退官認証官)(宮殿)

 以上、24件で、有識者会議の資料より2件少ないのは、「ご日程」に載らない「お茶・茶会」があるということだろう。

 おそらく宮内庁HPの「ご日程」では、皇后陛下お誕生日および天皇陛下お誕生日の祝賀行事の詳細が記載されず、このとき行われたと思われる茶会がカウントできないからだと推測される。


▽陛下82歳時の「お茶・茶会」

 ともあれ、次に平成27年、陛下82歳時の「お茶・茶会」を見てみる。

1 1月26日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(エストニア,スウェーデン,マケドニア旧ユーゴスラビア共和国))(御所)
2 1月27日(火) お茶(帰朝大使夫妻(ミクロネシア兼マーシャル,ドミニカ共和国兼ハイチ,ミャンマー,ジンバブエ))(御所)
3 1月29日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学士院第一部長始め学士院第一部会員)(御所)
4 1月30日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(欧州連合代表部,ケニア,セネガル))(御所)
5 2月3日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ペルー,スペイン,スーダン,イスラエル))(御所)
6 2月12日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(ペーター・マウラー 赤十字国際委員会総裁)(御所)
7 2月23日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ウィーン国際機関日本政府代表部,モザンビーク,エジプト,ボツワナ))(御所)
8 2月26日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(日本学士院第二部長始め学士院第二部会員)(御所)
9 3月5日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新旧警察庁長官)(御所)
10 3月6日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(歌会始詠進歌選者)(御所)
11 3月18日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(ウィリアム・ジェファソン・クリントン元アメリカ合衆国大統領)(御所)
12 3月19日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(アメリカ合衆国大統領夫人)(御所)
13 4月22日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(日本芸術院第一部長始め芸術院第一部会員)(御所)
14 5月12日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(ジョージ・良一・アリヨシ 元ハワイ州知事夫妻)(御所)
15 5月21日(木) 天皇皇后両陛下 茶会(第7回太平洋・島サミット首脳会議に出席する各国首脳夫妻等(21名))(宮殿)
16 6月1日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(日本学士院賞本年度受賞者及び新会員等)(宮殿)
17 6月9日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(マレーシア,ギリシャ,パナマ))(御所)
18 6月22日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(日本芸術院賞平成26年度受賞者及び新会員等)(宮殿)
19 6月29日(月) 天皇皇后両陛下 茶会(パラオご訪問尽力者)(宮殿)
20 7月2日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(パプアニューギニア兼ソロモン,バチカン,イタリア兼アルバニア兼サンマリノ兼マルタ,欧州連合日本政府代表部))(御所)
21 7月3日(金) 天皇陛下 茶会(第7回日本・メコン地域諸国首脳会議に出席する各国首脳等)(宮殿)
22 7月7日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(アルジェリア,タイ,エジプト))(御所)
23 7月13日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ベルギー,フィリピン,チリ,東ティモール))(御所)
24 7月23日(木) 天皇陛下 お茶(退職認証官)(御所)
25 7月30日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(メキシコ,サモア,サウジアラビア))(御所)
26 7月31日(金) 天皇陛下 お茶(退職認証官)(御所)
27 8月5日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(赴任大使夫妻(マーシャル,ルワンダ,チュニジア,リトアニア)(チュニジア大使からは併せて前任地のイラクからの帰国報告をご聴取))(御所)
28 8月6日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ノルウェー兼アイスランド,リビア,コートジボワール兼トーゴ兼ニジェール,アルジェリア))(御所)
29 8月17日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(インドネシア,ウクライナ兼モルドバ,メキシコ,サウジアラビア))(御所)
30 8月19日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(タンザニア,ガボン兼サントメ・プリンシペ兼赤道ギニア,南アフリカ兼ナミビア兼スワジランド兼レソト,アンゴラ))(御所)
31 8月21日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(タンザニア,コスタリカ,ベトナム))(御所)
32 9月4日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ナイジェリア,アラブ首長国連邦,カメルーン兼中央アフリカ兼チャド,トンガ))(御所)
33 9月7日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(帰朝大使夫妻(ハンガリー,ジャマイカ兼ベリーズ兼バハマ,オーストラリア,ボスニア・ヘルツェゴビナ))(御所)
34 9月16日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(赴任大使夫妻(コロンビア,スロベニア,ルーマニア))(御所)
35 10月6日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(赴任大使夫妻(ギニア,スウェーデン,イラク))(御所)
36 同日 天皇皇后両陛下 お茶(エドゥアルド・フレイ・ルイス=タグレ元チリ大統領夫妻)(御所)
37 10月20日(火) 皇后陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿)
38 同日 天皇皇后両陛下 茶会(ご進講者等ご関係者)(御所)
39 10月21日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(日本芸術院第一部長始め芸術院第一部会員)(御所)
40 11月4日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(スーダン,カンボジア,デンマーク))(御所)
41 同日 天皇皇后両陛下 茶会(文化勲章受章者及び文化功労者等)(宮殿)
42 同日 天皇皇后両陛下 お茶(政策研究大学院大学学長,政策研究大学院大学特別教授及び東北大学大学院医学系研究科教授(フィリピンご訪問につき,本年6月同国大統領閣下ご来日[国賓]宮中晩餐に招かれた日比関係尽力者とのご懇談))(御所)
43 11月5日(木) 天皇皇后両陛下 お茶(ダニエル・エルナンデス・ルイペレス サラマンカ大学学長他)(御所)
○ 11月9日(月) 皇后陛下 お茶(平成27年度「ねむの木賞」受賞者(4名))(御所)
44 11月13日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(赴任大使夫妻(ラトビア,オマーン,エクアドル))(御所)
45 11月18日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ザンビア,ルワンダ,グアテマラ))(御所)
46 11月20日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(赴任大使夫妻(インド,キューバ,ラオス))(御所)
47 12月1日(火) 天皇皇后両陛下 お茶(新認定重要無形文化財保持者夫妻)(宮殿)
48 12月2日(水) 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ベルギー,ミャンマー,スリランカ))(御所)
49 12月3日(木) 天皇皇后両陛下 茶会(燈光会会員(燈光会創立100周年に当たり))(宮殿)
50 12月7日(月) 天皇皇后両陛下 お茶(赴任大使夫妻(ボリビア,ドイツ,エストニア,アイルランド)(ドイツ大使からは併せて前任地のインド兼ブータンからの帰国報告をご聴取))(御所)
51 12月11日(金) 天皇皇后両陛下 お茶(赴任大使夫妻(在ジュネーブ国際機関日本政府代表部,ロシア,イスラエル)(御所)
52 12月23日(水) 天皇陛下お誕生日 天皇皇后両陛下 茶会(元長官,元参与,元側近奉仕者,元御用掛,松栄会会員等)(宮殿)
53 同日 天皇皇后両陛下 茶会(ご進講者等ご関係者)(御所)


▽外務省関連の「お茶」が増えた?

 有識者会議最終報告の参考資料では平成27年の「お茶・茶会」は57件とあるが、公表されている「ご日程」から拾い出してみると、以上のように53件である。公表データに記載漏れがあるのか、それとも私の計算間違いなのか。

「お茶・茶会」のうち、何が増えているのか。一見すると、外務省関連の「お茶」が増えているように見える。

 ほんとうにそうなのか、次回さらに分析してみたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

政府の「皇室制度」改革に歯止め──天皇誕生日会見のお言葉を読む [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 政府の「皇室制度」改革に歯止め
 ──天皇誕生日会見のお言葉を読む
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 今年最後のメルマガです。

 天皇陛下は今月23日、今上陛下が79歳の誕生日をお迎えになり、霊元天皇(78歳)を超え、昭和天皇(87歳)、後水尾天皇(84歳)、陽成天皇(80歳)に次ぐ、単独歴代4位の御長寿となられました。


▽1 「しばらくはこのままで」

 陛下はお誕生日を前にして、今月19日、記者会見に臨まれ、御公務御負担軽減問題について、「しばらくはこのままで」と語られました。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h24e.html

 宮内記者会は、(1)来年80歳となられるのを機に、一層のご負担軽減が必要であるという指摘があること、(2)一定の年齢に達すれば、国事行為に専念するか、あるいは国事行為と最小限の公的行為だけなさっていただき、それ以外は皇族方が分担するという考え方を取り入れるべきという意見が出ていることを指摘し、「現行制度のままでは陛下のご活動をお支えする皇族方が減ってしまう現状の下で、今後のご公務に関する皇族方との役割分担についてどのようにお考えでしょうか?」と質問したのでした。

 これに対して、陛下は、天皇の公務には国事行為のほかに、全国植樹祭や日本学士院授賞式に出席されというような象徴的行為があるとする一般的な考え方を示したうえで、(1)昭和天皇が80歳を超えても続けられたこと、(2)負担軽減は、公的行事については、公平の原則に十分に配慮する必要があること、を指摘されました。

 朝日新聞は、北野隆一、島康彦両記者連名の署名記事で、「穏やかだが、確固とした『宣言』」と伝えています。
http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY201212220836.html?google_editors_picks=true

 宮内庁はここ数年、ご負担軽減を図ってきたが、健康不安は残っている。羽毛田信吾・前宮内庁長官は退任会見で、「陛下は『活動あっての象徴天皇』との信念で臨んでおられ、お務めを選別して減らすことは難しい」と語っていた──というのです。

 つまり、朝日の記事では、陛下は御健康に関する不安を振り切って、御公務に励もうとされている。その背景には、「御活動」こそ「象徴天皇」の本質とする「信念」がうかがえる、というのです。

 こうした御健康より御公務を優先される陛下の姿勢に対して、風岡典之・現宮内庁長官は、「陛下の健康維持は国民の願いであり、宮内庁として何より優先すべき課題。皇室医務主管や侍医長ら医師との連携をとっていく」と話していると記事は伝えています。

 以上、陛下のお言葉と報道から浮かび上がってくるのは、(1)御公務と御健康問題をめぐって、陛下と宮内庁当局者との対立の構図があるように見えること、(2)宮内庁当局による、いびつな御負担軽減策にひとまず小休止が打たれそうなこと、(3)したがって、御負担軽減を表向きの目的とした、女系継承容認=「女性宮家」創設論にも待ったがかけられたこと、(4)一方で、平成の祭祀簡略化は現状のまま維持されること、の4点です。


▽2 皇室の伝統に反する御負担軽減

 宮内庁が御負担軽減策を打ち出したのは、御在位20年がきっかけでした。

 20年2、3月、宮内庁は御健康問題を理由に、「昭和の先例」を踏襲する、御公務御負担軽減について発表し、その後、同年11月の御不例で軽減策は前倒しされます。
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/kohyo/kohyo.html#h20

 けれども軽減策にもかかわらず、御公務は少なくとも日数において、逆に増えました。文字通り激減したのは、「およそ禁中の作法は神事を先にす」(順徳天皇「禁秘抄(きんぴしょう)」)と、歴代天皇が第一のお務めと信じ、実践してこられた宮中祭祀でした。

 祭祀簡略化を進言したのは、渡邉允前侍従長(19年6月まで侍従長。24年4月まで侍従職御用掛)ら側近でした。前侍従長は「私も在任中、両陛下のお体にさわることがあってはならないと、ご負担の軽減を何度もお勧めしました」(雑誌「諸君!」20年7月号掲載インタビュー)と語っています。

 前侍従長によれば、18年春から2年間、宮中三殿の耐震改修が実施され、祭祀が仮殿で行われるのに伴って、祭祀の簡略化が図られました。工事完了後も側近は、陛下のご負担を考え、簡略化を継続しようとしたが、陛下は「筋が違う」と認められませんでした。ただ、「在位20年の来年になったら、何か考えてもよい」とおっしゃったので、見直しが行われたとされます(渡邉『天皇家の執事──侍従長の十年半』)。

 ところが、御公務は少なくとも日数において増え続け、22年には年間271日にまで達しました。その一方で、祭祀は文字通り激減しました。

「争わずに受け入れる」というのが天皇の帝王学ですが、皇室の伝統に反する御負担軽減に、けっして満足なさっていたのではないことが陛下のお言葉から読み取れます。

 21年のお誕生日のご感想では、「今年は日程や行事の内容を少し軽くするようにして過ごしてきました。昨年12月の体調よりは良くなっていますので、来年も今年のように過ごし、皆に心配をかけないようにしたいと思っています」と述べられています。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokanso-h21e.html

 しかし、翌22年になると、「一昨年(おととし)の秋から不整脈などによる体の変調があり、幾つかの日程を取り消したり、延期したりしました。これを機に公務などの負担軽減を図ることになりました。今のところこれ以上大きな負担軽減をするつもりはありません」と御公務への強い意欲を示されたのでした。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h22e.html

 11月にご入院された23年も同様で、「退院から日もたち、皇太子に委任していた国事行為も再開することができるようになり、体調も今では発病前の状態と変わらないように感じています。今後とも健康に十分気を付けながら新年にかけての行事を務めていきたいと思っています」と決意を述べられました。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokanso-h23e.html

 つまり、陛下はこれまで一貫して、御公務への意欲を示してこられたのです。


▽3 「皇室制度改革ありき」の誤り

 ところが、宮内庁はこれに反して、御負担軽減どころか、その目的をはるかに超えて、大胆不敵にも「皇室制度」改革に踏み出したのでした。現行皇室典範では女性皇族が婚姻後、臣籍降嫁する制度になっているから、「皇室の御活動」が安定的に維持できない、御公務が軽減されない、と強引に理屈づけて、です。

 民主党政権は有識者ヒアリングを実施し、「象徴天皇制度の下で、皇族数の減少にも一定の歯止めをかけ、皇室の御活動の維持を確かなものとするためには、女性皇族が一般男性と婚姻後も皇族の身分を保持しうることとする制度改正について検討を進めるべきであると考える」とする「論点整理」をまとめ上げ、皇室典範改正案を来年の通常国会に提出する勢いでした。

 政権交代で、歴史にない「女性宮家」を創設する皇室制度改革は遠のきましたが、本当の意味での御負担軽減も実現されずに終わりそうです。つまり、何が御負担増の原因なのか、宮内庁の御負担軽減策「失敗」の原因はどこにあるのか、が追究されていないからです。

 一方、歴代天皇が第一のお務めと信じ、実践されてきた祭祀の簡略化はそのまま放置されています。

 陛下は会見で、「今のところしばらくはこのままでいきたいと考えています。私が病気になったときには,昨年のように皇太子と秋篠宮が代わりを務めてくれますから,その点は何も心配はなく,心強く思っています」と語られました。

 実際、23年11月の御入院の際、国事行為は皇太子殿下が臨時代行され、秋篠宮殿下が御公務を代行されました。

 御不例時に、皇太子殿下と弟宮殿下とで、御公務を「御分担」できるなら、もっと以前から御負担削減は可能であり、「皇室制度」改革など不要なのです。しかし、そのような仕組みができていません。だとすると、女性皇族皇族に「御分担」いただくという皇室政治改革の構想も画餅以外の何ものでもありません。

 月刊「正論」2月号掲載の連載「『女性宮家』創設賛否両論の不明 第3回」に書いたように、かねて宮内庁が御負担軽減で注目していたのは、「ご引見」「拝謁」の多いことでしたが、宮内庁の公表データによると、御負担軽減策の実施後も、外国大使との「お茶」「午餐」は減っていません。一カ国ごとに行われる離任大使の「ご引見」は驚くほど日程がたて込んでいます。叙勲に伴う「拝謁」もほとんど変わりません。

 皇室の基本法に手をつけるまえに、皇太子殿下をご名代に立てるなど、陛下の御負担軽減のためにできることがあるはずです。側近たちが信じ込んでいるらしい、「御活動」なさる天皇・皇室論に立脚する「皇室制度改革ありき」の姿勢に誤りがあるのです。

 御負担軽減の標的とされた宮中祭祀についても、原則なき簡略化以外に方法はあったはずです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

天皇陛下をご多忙にしているのは誰か──「文藝春秋」昨年4月号掲載拙文の転載 [ご公務ご負担軽減]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


 陛下が今日の午後、退院されました。まずは一安心です。

 さて、前回のメルマガ発行のあと、お二人の読者からメールをいただきました。

 お一方は、「個人攻撃のような口調や策謀は慎むべきだ」というお叱りでした。もし前回のメルマガが渡邉前侍従長や所先生に対する攻撃のように理解されたのでしたら、私の本意ではありません。

 いみじくも所先生が「WiLL」昨年10月号掲載の論考の冒頭で、「近年は、皇室を敬愛する人々の間で、激しい論争がエスカレートしている。しかし、どんなに立場が違っても、議論の内容と直接に関係のないことで相手を非難するようなことは、厳に慎むべきであろう。まして本質的に理念を共有すると思うならば、多少見解を異にしても、相手への常識的な配慮を忘れてはならない」と書いておられますが、まったく同感です。

 私の文章が個人攻撃のように受け取られたとすれば、それは筆力のなさであり、恥じるほかはありません。私が訴えたいのは、このところの「女性宮家」創設をめぐる議論の異様さです。誰が、いつ、何を目的として、創設論を言い出したのか、杳(よう)として知れない。提案理由も中味も分からないから、議論は混迷する。甲論乙駁をよそに、事態は確実にある方向に向かって進んでいます。

 当メルマガは、当代随一の皇室ジャーナリスト、岩井克己朝日新聞記者の記事を材料に、渡邉允前侍従長が昨年秋頃から、明確に主張していることを突き止めました。目的は「皇室のご活動」を確保するためです。

 けれども、朝日新聞のデータベースによると、提案者は所功京都産業大学教授であるという結論に達します。平成17年6月の第7回皇室典範有識者会議に有識者として招かれた先生は、明確に「女性宮家」創設を訴えています。しかしこれは、渡邉前侍従長とは異なり、「安定的で望ましい皇位継承」が目的で、意味が異なります。

 つまり、中味の異なる「女性宮家」創設論が世の中に存在するわけで、これでは混乱は必至です。

 もうお一方からのメールは、「女性宮家」創設論は、もっと遡ることができるのではないか、という指摘でした。

 そうなのです。さらに何年も前から、国民の知らないところで、「女性宮家」創設は進んできた。しかし、提案者たちはいっこうに名乗り出ようとせず、当然、その中味を明らかにしようともしない。それでいて、まるでアリバイ証明のように、有識者と称される人たちのヒヤリングが行われています。混乱するのは当然です。皇位の継承、天皇のお務めは国の基本に関わる重要事なのに、なにやら陰謀めいた臭いさえします。

 というわけで、今回はそのことについて書こうと思ったのですが、次回にまわし、「文藝春秋」昨年4月号に掲載された拙文「天皇陛下をご多忙にしているのは誰か」を転載することにします。
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/147

 陛下はご退院になりましたけれども、ご多忙が続くご公務問題の解決は、まだこれからです。一方、「女性宮家」創設問題の目的も、今回の議論が「皇室のご活動」の確保にあるのだとすれば、陛下のご公務とも密接に関わります。本質的な議論を深めるために、拙文を材料として、皆さん、ご一緒に考えていただけませんか?

 なお、以下の文章は雑誌論考に若干の修正が加えられています。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
天皇陛下をご多忙にしているのは誰か
祭祀が減り、公務が増える。それは陛下の御意思なのか
──「文藝春秋」昨年(2011)4月号掲載拙文の転載
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

koukyo01.gif
 23年2月上旬、心配なニュースが飛び込んで来ました。ご高齢で、しかもガン療養中の今上陛下が、今度は心臓に異常があることが1月の定期検診で判明したというのです。2月11日の建国記念の日に精密検査のため入院され、その結果、手術は不要で、当面は投薬で経過観察するとのことでした。

 大事に到らなかったのは幸いですが、気がかりなのは、ご恒例となっていた三殿御拝がお取り止めとなったことです。ここ数年、ご健康に心配事が起こるたびに、宮中祭祀がしわ寄せを受ける調整が繰り返されています。

 今上陛下が皇后陛下とともに、「皇太子時代から大切され、忠実に受け継がれ、つねに国民の幸せを祈っておられる」(宮内庁HP)だけでなく、何よりも歴代天皇が第一のお務めとしてきたのが祭祀なのに、です。


▽1 御不例後も増え続けるご公務

 およそ2年前の平成20(2008)年暮れに今上陛下がにわかにご体調を崩されたのを受けて、宮内庁は翌年1月末、天皇皇后両陛下のご高齢とご健康に配慮し、ご公務の「調整・見直し」を前倒しする具体的なご負担軽減策を発表しました。

 けれども、ご公務は減るどころか、逆に増えています。今上陛下のご容態がとくに好転したとは聞きませんし、それどころか昨(22)年2月にはノロウイルスに感染され、6月にもお風邪を召されたにもかかわらず、です。

 表1をご覧ください。宮内庁がインターネット上に公表している「天皇皇后両陛下のご日程」にもとづき、平成17年から昨年まで、今上陛下のご公務の日数を月ごとに単純計算したものです。

表1 天皇陛下のご公務日数。平成17~23年。
平成 17 18 19 20 21 22 23
1月 22 21 22 21 19 23 23
2月 17 18 19 22 19 17 17
3月 23 22 22 25 24 26 22
4月 21 22 20 20 21 22 23
5月 20 25 22 19 20 23 20
6月 24 23 22 25 25 23 23
7月 18 20 21 22 27 20 23
8月 23 18 22 19 19 23 21
9月 22 26 22 25 22 23 23
10月 25 25 24 24 26 24 25
11月 26 25 26 26 22 24 10
12月 22 24 22 16 24 23 18
合計 263 269 264 264 268 271 248
注記。宮内庁ホームページに公表されている陛下のご日程をもとに、ご公務・宮中祭祀の日数を単純計算した。宮内庁書類のご決裁などは含まれていない。
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/gonittei01.html

 一目瞭然、少なくとも日数において、ご負担の軽減はまったく実現されていないことが分かります。それどころか22年は過去6年間で最高の、年間271日にまで達しました。3月は26日、月平均では22日以上です。

 宮内庁によれば、公表されるご日程には宮内庁書類のご決裁などは含まれていませんから、20年暮れの御不例後も、文字通り土日もない、ご多忙の日々が相変わらず続いています。

 外交官出身で、皇室の儀式を担当する式部官長を務め、平成8年から10年半、侍従長として今上陛下に仕えた渡邉允(まこと)氏(現在は侍従職御用掛)によれば、「われわれの生活には、月曜から金曜まで働いて土日を休む、という生活のリズムが一応ありますが、両陛下の日常にはそれがありません」(雑誌「諸君!」20年7月号掲載のインタビュー)。

 週末にご公務があり、祝日に祭祀が行われることもしばしばで、昨年(22年)だけでも、10日間以上ご公務が続いたのは、9回を数えます。20年11月に御不調を訴えられたあとでさえ、10日間連続のご公務があり、その後、ようやく「すべてのご公務のおとりやめ」が発表されたのです。

 御歳77歳。推古天皇以後では、後亀山天皇(1347~1424)と並ぶ、歴代5位のご長寿となられた陛下です。70歳を超えてご長命なのは12人おられますが、ほとんどは若くして退位されており、喜寿を超えてなお皇位にあるのは昭和天皇と今上天皇のお二方以外にはありません。けれども、ご公務はいっこうに減らないのです。
(注記。陛下は23年12月に78歳になられました。江戸期の霊元天皇と並ぶ歴代第4位の御長寿です)


▽2 ご負担軽減の標的にされた「第一のお務め」

 ご公務が増え続けるのとは対照的に、ご負担軽減の標的にされ、減少しているのが、皇室伝統の祭祀です。表2をご覧ください。

表2 天皇陛下の宮中祭祀お出ましの日数。平成17~23年。
平成 17 18 19 20 21 22 23
1月 5 5 6 5 4 6 5
2月 3 3 3 3 2 3 1
3月 4 3 2 3 1 2 1
4月 4 3 1 2 2 3 1
5月 1 3 4 1 1 1 1
6月 3 4 3 4 3 2 2
7月 2 2 3 2 3 1 2
8月 2 1 2 2 0 0 0
9月 2 2 2 3 1 1 1
10月 3 1 2 2 2 3 1
11月 2 2 3 2 3 1 0
12月 6 5 5 2 4 4 0
合計 37 34 36 31 26 27 15

 宮内庁がHP上に宮中祭祀の日程を掲載するようになった17年には、年間37日の祭祀のお出ましがありましたが、一昨年(21年)は26日、昨年(22年)は27日に激減しています。ご負担軽減策で、「新嘗祭については、当面、天皇陛下は、『夕(よい)の儀』には、従来どおり出御になることとし、『暁の儀』は、時間を限ってお出ましいただくこと、毎月1日に行われる旬祭については、5月1日及び10月1日以外の旬祭は、御代拝により行うことなど、所要の調整・見直しを行うこと」(21年1月29日の宮内庁発表)とされたからです。

 現在、宮中の奥深い神域・宮中三殿で行われる祭祀は、元日の四方拝、歳旦祭、1月3日の元始祭など、天皇みずから祭典を行う大祭、掌典長が祭典を奉仕し、天皇が拝礼する小祭だけで年間約20件を数え、このほか毎朝御代拝(まいちょうごだいはい)、毎月1日、11日、21日の旬祭、歴代天皇の式年祭などがあります。とくに11月23日の夜に長時間にわたって行われる新嘗祭から、翌年1月まで、寒さが募る時期に、集中的に続きます。

 新嘗祭は、戦前、昭和天皇の祭祀に携わった元宮内省掌典の八束清貫が説明するように、「皇室第一の重い祭祀」(八束「皇室祭祀百年史」)とされます。天皇の祭祀は秘儀ですから、詳細を述べるのは憚れるのですが、概要を説明すると、当日の夕刻、宮中三殿の西方に位置する神嘉殿にお出ましになって、数々の神饌を作法に従い、時間をかけてお供えになり、拝礼のあと、神社の祝詞に相当する御告文を奏上され、さらに米と粟の新穀の御饌、白酒・黒酒の神酒を神前で召し上がり、この直会がすむと神饌を順次撤下され、一通りの神事が終わります。これが「夕の儀」で、三時間後、ふたたびお出ましになり、同様の神事が繰り返されます。これが「暁の儀」です。

 身を清め、へりくだり、神に接近し、神人共食の儀礼によって命を共有し、一体化し、神意を受け継ぎ、衰えた命を新たに再生させる、という食儀礼です。神々の食事は1日2回、したがって神事は2回、繰り返されます。

 記紀神話は、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)がこの世界に降り立たれたとき、皇祖天照大神が「高天原にある斎庭(ゆにわ)の穂をわが子に与えなさい」と命じられたと記述します。わが国の稲作の始まりを説明するこの天孫降臨神話が、新嘗祭の根拠だといわれます(八束『祭日祝日謹話』など)。

 天皇の祈りはひたすら国と民のために捧げられる、公正かつ無私なる祈りです。

 天皇が即位後、最初に行う新嘗の祭りが大嘗祭で、新帝が供饌し、祈りを捧げる大嘗宮の儀は秘儀とされ、祝詞にあたる申詞は天皇直伝で一般には知られません。けれども、後鳥羽上皇が、14歳で即位される第三皇子・順徳天皇に、その秘儀について教えられたことが上皇の日記(「後鳥羽院宸記」建暦2[1212]年10月25日)に記録され、その一端を知ることができます。

「伊勢の五十鈴の河上にます天照大神、また天神地祇、諸神明にもうさく。朕、皇神の広き護りによりて、国中平らかに安らけく、年穀豊かに稔り、上下を覆寿いて、諸民を救済わん。よりて今年新たに得るところの新飯を供え奉ること、かくのごとし」

 俗人ならば自分や家族のために祈りますが、天皇は違います。「祭祀王」「祈る王」と称される所以です。

 約10年後、順徳天皇は『禁秘抄』(1221年)を著しました。宮中のしきたりに通じていた天皇は、父帝による鎌倉幕府倒幕の挙兵、承久の変の直前、皇子に帝王の道を伝えようとしてこの一書を著したのですが、その冒頭には「およそ禁中の作法は神事を先にし、他事を後にす」とあります。朝晩、敬神を怠らず、かりそめにも伊勢神宮や賢所に足を向けることがあってはならない。天皇にとってもっとも重要なのは神祭りであることを、皇室存亡のときに明言されたのです。

 このように、歴代天皇が第一の務めとして重視してきたのは祭祀です。

 天皇の祈りはじつは毎日行われます。『禁秘抄』には天皇が毎朝、身を清められたあと、京都御所清涼殿の石灰壇に立たれ、伊勢神宮ならびに賢所、各神社を遥拝されることが記されています。石灰壇御拝(いしばいだんのごはい)と呼ばれます。

 平安中期、宇多天皇に始まり、一日も欠かされず受け継がれてきたこの祈りは、明治の東京遷都に伴い、毎朝御代拝に代わりました。側近の侍従を宮中三殿に遣わし、烏帽子・浄衣に身を正し、拝礼させるとともに、ご自身は御座所でお慎みになります。昭和天皇は「我が庭の宮居に祭る神々に世の平らぎをいのる朝々」(昭和50年歌会始)という歌を残されています。


▽3 祭祀こそストレスの原因とばかりに

 ところが、天皇の千年の祈りがいま、ほかならぬ側近たちによって、ご負担軽減の美名に隠れて、形骸化されようとしています。

 発端は20年2月、両陛下のご健康問題に関する宮内庁発表でした。金沢一郎・皇室医務主管は、天皇陛下がガン治療による副作用で、骨に異常を来す可能性があることから新たな療法の確保が必要だ、と述べ、風岡典之・宮内庁次長は、運動療法実施のためご日程のパターンを一部見直す、と補足しました。

 風岡次長の補足説明は、?昭和天皇のご負担軽減の先例に従うこと、?宮中三殿の耐震改修が完了し、3月末から宮中三殿での祭祀が再開されるのを機に、ご日程見直しの一環として調整を検討していること、?御在位20年を超える来年から、という陛下のお気持ちを尊重すること、の3点でした。

 翌3月には、祭祀の態様について所用の調整の検討が進められていることが、風岡、金沢両氏の連名で追加説明されました。宮内庁はこうして祭祀の簡略化に着手したのです。

 渡邉前侍従長の説明では、18年春から2年間、宮中三殿の耐震改修が実施され、祭祀が仮殿で行われるのに伴って、祭祀の簡略化が図られた。工事完了後も側近は、陛下のご負担を考え、簡略化を継続しようとしたが、陛下は「筋が違う」と認めなかった。ただ、「在位20年の来年になったら、何か考えてもよい」とおっしゃったので、見直しが行われたとされます(渡邉『天皇家の執事──侍従長の十年半』)。

 しかしその後、20年11月、陛下が不整脈などの不調を訴えられると、祭祀の簡略化は前倒しされました。

 12月上旬に新たな症状が現れ、宮内庁は検査と休養のためすべてのご公務を取りやめることなどを発表しました。羽毛田信吾宮内庁長官は当面の対応として、1か月程度はご日程を可能なかぎり軽くすることなどを表明しました。

 長官は祭祀の「さ」の字も語りませんでしたが、実際、調整の狙い撃ちにされたのは祭祀でした。ご公務の日程調整は「可能なかぎり」とはほど遠く、年末の誕生日記者会見が中止され、新年一般参賀のお出ましの回数が7回から5回に減らされた程度で、その一方、祭祀は無原則に蹂躙(じゅうりん)されました。

 例年なら元旦、宮中三殿の西に位置する神嘉殿南庭で伊勢神宮、山陵、四方の神々を遥拝する四方拝があり、引き続き、歳旦祭が宮中三殿で行われますが、四方拝はすでに前年から神嘉殿南庭ではなくお住まいの御所の庭で斎行され、お召し物も天皇だけが身にまとう黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)ではなくモーニング姿でお務めになり、歳旦祭はみずから拝礼なさる親拝ではなく、また側近の侍従による御代拝でもなく、掌典次長による御代拝となったとメディアは伝えています。

 分刻みの祝賀行事はストレスにならず、天皇第一のお務めである宮中祭祀こそがストレスの原因でもあるかのようです。そして1月末、祭祀を標的にする「調整・見直し」策が発表されました。


▽4 占領軍による宗教干渉

 祭祀の簡略化は側近の進言が繰り返され、進められたようです。渡邉前侍従長は「私も在任中、両陛下のお体にさわることがあってはならないと、ご負担の軽減を何度もお勧めしました」(前掲「諸君!」インタビュー)と語っています。

 前侍従長が説明するのは、祭祀、とりわけ新嘗祭の肉体的、精神的なご負担です。神事のあいだ「侍従長と東宮侍従長は外廊下で2時間、正座して待って」いることや、「紐で体を締め付ける装束」がつらいというのです。

 前侍従長は、立ち上がるときは必死の思いだと吐露し、「陛下もずっと正座なのです」と、肉体的苦痛がさも簡略化の直接的な理由であるかのように説いています。けれども神事をみずからなさる陛下が身動きもせずに、ただじっとしているわけではありません。

 能楽師などのように、幼少のころから板の間に正座して稽古に励む人たちもいますし、慣れている人たちは正座の方がむしろ楽だともいいますから、畳の上での長時間の正座が難行苦行であるかのように断定的に解説するのは正しくありません。

 陛下のご負担は、前侍従長自身が解説するように、国と民のために伝統の祭祀を引き継ぐことの精神的ご負担の方が大きいでしょう(前掲渡邉著書)。

 また、友人の神職などによると、装束は上手な人が着付けをすれば「締め付ける」という感覚は生じないといいます。そういえば、20年3月、皇后陛下が胃食道逆流症との診断を受けられたとき、宮内庁が、和服の着用がお身体に負担を与えるかのように説明したことについて、皇后陛下が長官らに「長年着ているので負担は感じない」「和服をあまり悪者にしないで」と話されたと伝えられたことがありました。

 前侍従長が祭祀簡略化の第2の理由と説明する昭和の先例は、拙著『天皇の祈りはなぜ簡略化されたか』にくわしく書きましたように、昭和天皇のご高齢とご健康への配慮が理由ではありません。昭和40年代、入江相政侍従長の個人的祭祀嫌いと加齢に始まり、富田朝彦宮内庁長官時代の厳格な政教分離主義によって本格化したというのが真相だ、と私は考えます。

 歴史をひもとけば、戦後の宮中祭祀改変は、敗戦直後、占領軍による圧迫に始まりました。すなわち昭和20(1945)年12月に発せられた、いわゆる神道指令です。「国家と宗教を分離すること」を目的とする神道指令は、駅の門松や注連縄(しめなわ)までも撤去するほど過酷なもので、占領軍は民族宗教たる神道に対する差別的圧迫を加えました。宮中祭祀は存続を認められたものの、公的性を否定され、「皇室の私事」に貶められました。

 22年5月、現行憲法が施行され、それとともに、皇室祭祀令などはすべて廃止され、宮中祭祀は成文法上の根拠を失いました。憲法は「天皇は憲法が定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しない」(4条1項)と規定していますが、皇室の祭儀は国事行為には含まれません。しかし、「従前の例に準じて事務を処理すること」という宮内府長官官房文書課長・高尾亮一名の各部局長官に対する依命通牒によって、かろうじて祭祀の伝統は守られました。

 被占領国の宗教に干渉することは戦時国際法に明らかに違反していましたが、アメリカがあえてこれを無視して干渉したのは、戦争中から、「国家神道」こそ「軍国主義・超国家主義」の源泉だという理解に固まっていたからです。占領軍は、神道撲滅政策に血道を上げました。

 そのような状況下で、宮中祭祀の神道的儀式を守るためには、天皇の基本的人権による信仰という解釈を採るほかはなかったといわれます。終戦直後の宮内次官・大金益次郎(戦後初の侍従長)は、国会の答弁で、「天皇のお祭りは天皇個人としての私的信仰や否やという点には、じつは深い疑念があったけれども、何分にも神道指令はきわめて過酷なもので、論争の余地がなかった」と語ったと伝えられます。

 皇室伝統の祭祀を守るため、当面、「宮中祭祀は皇室の私事」という解釈でしのぎ、いずれきちんとした法整備を図る、というのが方針だったのでした。

 GHQは、天皇が「皇室の私事」として祭祀を続けられることについては干渉しませんでしたが、それ以外の天皇の神道的儀式を認めませんでした。公と私を逆転させ、祭祀を内廷に押し込めたのです。祭祀に従事する掌典職は内廷費で雇われ、公務員ではなく、天皇の私的使用人として位置づけられるようになりました。


▽5 対神道政策を緩和したアメリカ

 しかし案外、知られていないことですが、アメリカはわずか数年で対神道政策を緩和します。24年11月の松平恒雄・参議院議長の参議院葬は神式で行われています。26年10月には、「国家神道」の中心施設と考えられた靖国神社に、吉田茂首相が参拝することも認められました。つい数年前は靖国神社の焼却があちこちで噂になり、GHQ民間情報教育局の大勢は「神道、神社は撲滅せよ」と強硬に主張していたのに、アメリカは神道敵視政策をいとも簡単に捨て去ったのです。

 たとえば、貞明皇后が亡くなった26年、ニッポン・タイムズ(現ジャパン・タイムス)紙上で、「信教の自由」「政教分離」をめぐる論争が延々と繰り広げられました。

 斂葬当日の6月22日、全国の学校で「黙祷」が捧げられたのですが、その数日後、アメリカ人宣教師の投書が読者欄に載りました。「日本の学校で戦前の国家宗教への忌まわしい回帰が起きた。生徒たちは皇后陛下の御霊に黙祷を捧げることを命令された。キリストに背くことを拒否した子供たちはさらし者にされた」。これが宗教論争の始まりでした。

 政府は、斂葬当日に官庁等が弔意を表することを閣議決定し、文部省は「哀悼の意を表するため黙祷をするのが望ましい」旨、次官通牒を発しました。私立校は対象外で、しかも通牒には宗教儀式の不採用、社寺不参拝が明記されており、黙祷は「命令」でも「宗教儀式の強制」でもありませんでした。

 けれども、宣教師らは文部当局の説明に納得しませんでした。そしてサンフランシスコ平和条約調印日にふたたび学校で「黙祷」「宮城遥拝」が実施されると、「また命令された。新憲法は宗教儀式の強制を許すのか」と再抗議し、広範囲の読者を巻き込んだ甲論乙駁の紙上論争は10月半ばまで続きました。

 ところが、GHQは宣教師たちの反神道的立場をけっして擁護しませんでした。占領中の宗教政策を担当した同職員のW・P・ウッダードは、のちに回想しています。

「神道指令は(占領中の)いまなお有効だが、『本指令の目的は宗教を国家から分離することである』という語句は、現在は『宗教教団』と国家の分離を意味するものと解されている。『宗教』という語を用いることは昭和20年の状況からすれば無理のないところであるが、現状では文字通りの解釈は同指令の趣旨に合わない」(ウッダード「宗教と教育──占領軍の政策と処置批判」)

 平和条約の発効で日本は独立を回復し、神道指令も失効しました。しかし祭祀の法的位置づけは確定されずじまいでした。

 それでも34年4月の皇太子(今上天皇)御成婚で、賢所での神式儀礼が「国事」と閣議決定され、国会議員が参列しました。宮中祭祀はすべて「皇室の私事」とした神道指令下の解釈が打破されたのです。

 5年後の39年9月には常陸宮殿下の御結婚の儀は「公事」たる宮務とされ、10年後の44年には瓜生順良宮内庁次長が参議院で、他の公有の宗教施設と同様、宮中三殿の国有財産化が法的に可能である、という内閣法制局の見解を示し、祭祀の公的性がやっと認められました。

 天皇の祭祀を私事に閉じ込めてきた神道指令以来の法解釈はこうして改善されてきました。しかし逆に、このころを境に、揺り戻しが始まります。


▽6 入江侍従長の暴言「くだらない」

 祭祀簡略化の張本人は入江相政侍従長でした。理由は昭和天皇のご健康問題でもご高齢でもありません。

 43年に侍従次長となり、翌年には侍従長代行、侍従長と駆け上がった入江氏は、43年には毎月1日の旬祭の親拝を年2回に削減し、45年には新嘗祭の「簡素化」(入江日記)に取りかかりました。入江日記によると、同年の新嘗祭は夕の儀のみが親祭で、暁の儀は掌典長が祭典を行ったようです。

 入江日記には、45年5月に香淳皇后から旬祭の親拝削減について抗議を受けた入江が猛反撃し、ねじ伏せたことが誇らしげにつづられています。陛下のご意向を大切にするどころか、「くだらない」との暴言さえ記されていますが、親拝削減の理由が「ご高齢」にあるとの記述は見当たりません。

 当時、入江が盛んに気にしていたのは昭和天皇の「お口のお癖」で、新嘗祭「簡素化」のきっかけのように説明されています。しかし「お癖」が始まったのは香淳皇后の抗議の直後からで、陛下の「お癖」を入江が老化現象と理解したとしても、43年の旬祭の親拝削減の原因とはなり得ません。逆に入江の工作が「お癖」の原因とも疑われます。

 46年11月23日の入江日記には、次のように書かれています。

「……今年から新嘗はさわりだけに願ったので、出勤も遅くてよく、5時半に迎えの車が来るはずのところ、運動のために歩いて出勤、いい気持ちである。相撲を十両から打ち出しまで見る。こんなことも珍しい。6時過ぎにまた入浴。今日は都合3回の入浴。7時に吹上発御、吹上への還御は8時10分。お帰りのお車のなかで『これなら何ともないから、急にも行くまいが、暁もやってもいい』との仰せ。ご満足でよかった。みんなといっしょに酒肴。帰宅したのはかれこれ2時」

 伝統無視の簡略化に、昭和天皇が「ご満足」だったとは信じられません。「暁をやってもいい」とのご発言は逆にご不満の表明でしょう。争わずに受け入れるのが古来、天皇の帝王学ですが、皇室の伝統より相撲観戦を優先するような、俗物侍従長の身勝手きわまる簡略化に、陛下は最大限抵抗されていたのでしょう。

 それどころか、際限ない祭祀簡略化に対し、祭祀王を自覚する昭和天皇は「退位」を口にされました。入江日記にはこう記録されています。「11月3日の明治節祭を御代拝に、そして献穀は参集殿で、ということを申し上げたら、そんなことをすると結局、退位につながる、と仰せになるから……」(48年10月30日)

 この年の入江日記からは、昭和天皇が幾度となく退位、譲位について表明されたことが読み取れます。祭祀こそ天皇第一のお務めであるという大原則に立てば、入江侍従長らが工作する無原則の祭祀簡略化がどれほど受け入れがたいことだったでしょうか。


▽7 昭和50年8月15日の長官室会議

 風岡次長は3年前の平成20年2月、「昭和の時代にも、次第にお年を召されつつあった昭和天皇のご負担軽減という観点から、累次、所要の調整が行われた経緯があります」と、あたかも当時の「調整」が昭和天皇のご高齢が理由で行われたかのように説明しています。

 しかし、「簡素化」が始まった昭和43年といえば陛下はまだ60代です。46年秋にはヨーロッパを、50年秋にはアメリカを、香淳皇后とともに訪問されています。半月もの長旅に耐えられるのは「高齢」ではありません。

 祭祀破壊の原因が「高齢」ではないのなら、真因は何でしょうか。当時を知る宮内庁OBは憲法の政教分離問題だと説明します。

「戦前の宮内省時代からの生え抜き職員たちがそろって定年で退職し、代わって他の省庁から幹部職員が入ってくるようになった。新しい職員は『国家公務員』という発想が先に立ち、皇室の伝統に対する理解は乏しかった。新興宗教と見まごうほどに厳格な政教分離の考え方が宮内庁中にはびこり、なぜ祭祀に関わらなければならないのか、などと、側近の侍従職までが声を上げるようになり、祭祀から手を引き始めた」

 膨大な日記に宮中祭祀の神聖さを何ら記録しなかった「俗物」侍従長が執念を燃やした祭祀の形骸化は、富田朝彦・内閣調査室長が49年秋に宮内庁次長となり、長官に就任するころ、舞台を「オモテ」に移し、激化します。日経新聞がスクープした富田メモで知られる富田長官は、無神論者を自認していたと同時の関係者が証言しています。

 大きなうねりのようなものが宮内庁を含む行政全体を襲い、そしていよいよ、戦後30年の昭和50年8月15日、宮内庁長官室の会議で、祭祀の改変が決められました。

 入江のこの日の日記には「長官室の会議。神宮御代拝は掌典、毎朝御代拝は侍従、ただし庭上よりモーニングで」とあり、昭和天皇最後の側近といわれる卜部亮吾侍従の翌日の日記には「伊勢(神宮)は掌典の御代拝、畝傍(神武山陵)は侍従、問題の毎朝御代拝はモーニングで庭上からの参拝に9月1日から改正の由。小祭の御代拝は掌典次長を設けてこれに、など」と記されています。

 卜部が記録しているように、最大の変更は毎朝御代拝だったようです。

 天皇に代わって側近の侍従に拝礼させる毎朝御代拝を、側近たちは、宮中三殿の前庭のなるべく遠い位置からモーニングを着て拝礼する形式に変えました。侍従は国家公務員だから、祭祀という宗教に関与すべきではない、というのが理由で、拝礼場所と服装の変更は神道色を薄めるための配慮とされます。「従前の例に準じて」とする昭和22年の依命通牒は反故にされました。

 行政は宗教行為にいっさい関与すべきでないというのなら、公営斎場や墓地、公的追悼行事も許されません。布教を想定していない宮中祭祀が国民の信教の自由を侵すはずもなく、政教分離は理由になりません。

 このほか、御代拝に関する重大な変更がなされました。天皇の御代拝は公務員である侍従から内廷職員、つまり天皇の私的使用人という立場にある新設の掌典次長に代わり、皇后、皇太子、皇太子妃の御代拝は廃止されました。皇后陛下、両殿下は御代拝の機会さえ奪われたのです。近年、雅子妃殿下が平成十五年以降、「祭祀にいっさいご出席ではない」と批判されるのは、この一方的なご代拝制度廃止に原因があります。

 奇しくも昭和天皇が歌会始で「世の平らぎをいのる朝々」と詠まれたその年、天皇の祭祀は側近たちによって改変されたのでした。

 拙著にくわしく書きましたが、天皇の祭祀は国と民をひとつにまとめる機能を持っていると考えられます。多様なる国民を多様なるままに統合する多神教的、多宗教的文明の核心です。一神教世界で生まれた政教分離原則で規制するところに無理があります。

 昭和天皇は61年の新嘗祭まで親祭を貫かれましたが、悪しき先例は平成のいま踏襲されています。祭祀王たる天皇の本質を見誤り、いわば誤った憲法解釈・運用に忠誠を誓っているのです。「つねに国民の幸せを祈るというお気持ちをかたちにしたものとして祭祀がある」と語るほど、祭祀への理解が浅からぬ前侍従長でさえ、天皇の祭祀は私的行為であるという占領前期の憲法解釈から抜け出せずにいるようです。


▽8 勇気ある掌典補の問題提起

 昭和40年代に始まる祭祀の改変の実態は、いまでこそ側近たちの日記によって知ることができますが、当時は関係者以外、ほとんどうかがい知ることができませんでした。驚きの事実が明るみに出たのは、昭和57年暮れに現職の掌典補である永田忠興氏が、勇気をもって学会発表したことがきっかけで、翌年の年明け早々、「週刊文春」がこれを大きく報道すると、大騒動に発展しました。

 同誌の記事が指摘した祭祀の「変更」は、先述した、(1)旬祭御代拝、毎朝御代拝の変更、(2)伊勢神宮での皇太子御代拝の変更、(3)皇族の御代拝の変更など、6点に及びました。

 この報道に対して祭祀重視派の対応は慎重でした。官僚たちの判断と陛下のご判断との関係が微妙であること、内廷のことは天皇の聖域であって、陛下のご心中を拝察すればただちに公開討論するのははばかれる、という冷静な判断があったからです。

 しかしその姿勢がほどなくして一変します。憂慮する照会者に対して、宮内官僚たちが紋切り型の対応に終始し、「祭祀は天皇の私事」とする占領時代前期の古臭い憲法解釈を繰り返していたからです。破られてはならない原則が踏みにじられている現実を知って、尊皇派は危機意識を強め、「もはや遠慮は許されない」と及び腰の姿勢を転換させ、一気に痛烈な批判行動へと向かったのでした。

 とくに、事態を重視した神社本庁は、澁川謙一事務局長名による抗議の質問書を提出し、いま宮内庁当局者が「祭事は陛下の私事以外には扱えない」と語っているのは見解が変わったのか、と詰め寄りました。

 紆余曲折の末、宮内庁は東園基文掌典長名による「公式見解」を発表し、祭祀はすべて「陛下の私事」とする一般に流布する解釈ではなくて、「ことによっては国事、ことによっては公事」とする神社人の主張を明確に認めました。けれども祭祀の改変はさらに進んだことが「入江日記」に記録されています。

 それから30余年、平成の祭祀簡略化が進行しています。宮内庁の見解はふたたび変わったのでしょうか。それとも東園回答書が方便に過ぎなかったのでしょうか。他方、平成の尊皇家たちから、抗議の声はほとんど聞こえてきません。

 それかあらぬか、天皇の権威は失墜するばかりです。羽毛田長官は、皇族の意見も聴かないままに女帝容認の皇室典範改正を急ぎ、民主党政権に秋波を送りました。鳩山内閣は中国の習近平副主席のゴリ押し天皇会見を強行し、菅内閣は歌会始の日に内閣を改造しました。

 保守派も革新派も憲法論議といえば、「9条」ばかりで、第1条を考えていません。その結果、天皇はさしずめ名目上の単なる「象徴」に成り下がっています。

 渡邉前侍従長は前掲「諸君!」インタビューの最後に、憲法論に言及し、「今上陛下はご即位のはじめから現憲法下の象徴天皇であられた」と述べています。

 象徴天皇制について、陛下は会見などでしばしば触れられていますが、前侍従長とはニュアンスが異なるのではないでしょうか。ごく簡単にいえば、前侍従長はあくまで現行憲法を気転とする象徴天皇制ですが、陛下は歴史的な背景を十分に踏まえた上での議論だと思います。歴代天皇が祭祀の力で国と民をまとめ上げてきた長い歴史があるからこそ、象徴たる地位がある、というお考えでしょう。

 渡邉前侍従長によれば、たび重なる祭祀簡略化の進言に、陛下は「『自分はまだできるから』とおっしゃって昭和天皇に倣うことをお許しになりませんでした」(前掲渡邉著書)。昭和の簡略化を間近でつぶさにご覧になり、いま祭祀王としてのお務めを十分に自覚される陛下なら当然です。

 昨年(22年)暮れの誕生日会見で、陛下は「今のところこれ以上大きな負担軽減をするつもりはありません」と述べられました。頼みとする尊皇家たちが沈黙するなか、陛下はたった一人で国と民のために祈られている。その文明的価値を国民が1人でも2人でも多くなることを、心から願わずにはいられません。(筆者注。引用文は適宜編集しています)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ご公務ご負担軽減 ブログトップ