So-net無料ブログ作成
検索選択

尊敬される「皇室らしさ」が消えていく by太田宏人───南米日系人社会から考える愛子内親王「いじめ」報道 [皇室]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンからの転載です


 今日は、2本立てです。

 1本は、太田宏人さんが、昨今、伝えられる愛子内親王殿下の「登校拒否」報道などについて書いてくださいました。

 太田さんは長年、南米の日系人社会を取材してきたフリーライターで、『日本人ペルー移住110周年/ペルー人日本移住20周年記念誌』(現代史料出版)の編著者として知られます。

 海外ののど自慢大会で、日本人の血を引く日系人が、生粋の日本人以上に日本人の心である演歌をみごとに歌い上げるということがよくあるように、海外に住む日系人だからこそ、皇室の価値が見えるということがあります。

 太田さんの記事には、日系社会と間近に接してきた太田さんならではの深い憂いが伝わってきます。

 もう1本は、hiromichit1013さんのご了解を得て、Yahoo! ブログ「海洋戦略研究」から「オバマ新戦略の狙いは「核不拡散」(4月10日号)〈 http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/archive/2010/04/10 〉を転載させていただきます。

 オバマ新核戦略は、米中の相互依存、アジアでの核抑止力の縮小、トマホークの廃棄が謳われていますが、中国の軍事力増強、北朝鮮の核開発、普天間基地移転騒動などを考え合わせると、日本の安全保障にどう影響してくるのか、が注目されます。

 さて、本文です。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 1 尊敬される「皇室らしさ」が消えていく by太田宏人
   ───南米日系人社会から考える愛子内親王「いじめ」報道
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


◇1 消滅した学習院のコーポレート・アイデンティティ

 南米の日系社会を長年、取材してきた立場から、愛子内親王殿下の「登校拒否報道」や眞子内親王殿下のICU(国際キリスト教大学)入学などについて考えてみたい。

 この問題では、葦津泰國氏が当メルマガvol.122(3月15日号)に「日本の皇室が『私なき』存在であるという日本人の伝統的な信頼感が大きく傷つけられることになった」と書いている(http://www.melma.com/backnumber_170937_4792107/ )。同感だ。

 登校拒否報道の問題点は端的に言って、(1)皇室の信頼感へのダメージ、(2)学習院側の対応への不信感、(3)皇室による子弟教育そのものへの懐疑――である。これらの負のイメージが、国民の間に惹起(じゃっき)してしまった。

 戦後、学習院は皇族子弟の教育機関ではなくなったことは、同メールマガジンvol.133(4月12日号。 http://www.melma.com/backnumber_170937_4820450/ )にも詳しい。しかしながら、法的根拠が消滅したとはいえ、皇族、そして国民の側にも「学習院」という固有名詞に内包される「格別な何か」はあったはずである。昨今のビジネス用語でいえば、CI(コーポレート・アイデンティティ)というものだ。

 しかし、事態は変わった。学習院のCIは消滅した。


◇2 皇室不要論を助長させかねない

 憚(はばか)りなく言えば、学習院も在野の教育機関に成り下がったわけだ。まさに学習院の失墜である。

 一方、学校の「ブランド力」によって学生は集まるものの、学生の質の低下に悩む各校では、他校との差別化を図るためにも、今後は「皇族獲得」に躍起になり、ひとたびご入学を果たされれば、厚遇で迎えるだろう。

 とはいえ眞子様のICUご入学を「国体の危機」と捉える人は多いし、愚生もその一人ではあるが、ヨーロッパへの留学の多い皇族方にとって、キリスト教文化・英語への意識的な垣根は、それほど高くないのかもしれない。

 仄聞(そくぶん)するところによると、一部の皇族方は欧州御留学中に羽目を外しすぎたそうだ。学習院の失墜はあくまで学習院の失策だろうが、皇族の子弟が皇室にとっては必ずしも最上とは言えそうにない他の教育機関を選ばれたり、某カルト教団の影響やらがあるとか、留学中の恥ずかしい御振る舞いがあるなどという報道に接すると、どうも、いまの皇室もしくはその周辺には「私」というか、妙な個人主義が跋扈(ばっこ)しているのではないかと危惧してしまうのは、私だけだろうか。

 しかし、もしそうであるならば、醜聞まみれの各国王族と何ら変わりがない。

 反権力に酩酊(めいてい)し、対案もなく、国家の方向性を議論することもせず、いたずらに権威に反抗することが良いことであるかのように(まるで子供のように)浅慮する、多くの「言論人・知識人」が盛んに喧伝するように、「皇室などいらない」というプロパガンダを助長させるだけである。

 学習院の失墜に見え隠れする問題は、ひとり学習院の危機ではない。古来、皇室を戴いてきた「日本」のありようを左右しかねないほど深刻な問題であると思う。


◇3 海外で皇室に敬意を抱くのは日系人だけではない

 天皇・皇室の存在を否定したがる日本の「言論人・知識人」に知って欲しいのは、外国、とくに南米で皇族方が受ける憧憬、尊敬の眼差しである。彼らは、日本の歴史と伝統を体現する皇族方が熱烈に歓迎を受けるその現場においても、「皇室はいらない」などと叫ぶ自信はあるのだろうか?

 ここで南米を例に挙げるのは、筆者の体験に基づく。ほかの欧米文化圏でも、一部の者が皇族方の歴訪に際して抗議運動を起こしたこともあるようだが、それは、まさに、皇族が日本の象徴、いや、日本の代表であると認めたうえでの蛮行でああろう。皇室制度を批判したものではない。

 南米にはブラジルやペルーをはじめ、各国で日系移民が奮闘した歴史がある。そして、移住国での日系人の評価は高い。

 日本に住む日本人は、日系人を自分たちの同胞とは見なさない傾向があるようだが、しかし国外においては、日系人への評価は日本人の評価へと直結する。北米でも同じことがいえるのだが、日系人を日本人と明確に区別する意識は、一般的ではないのだ。

 戦後、日本製品が海外で受け入れられたのは、無論、製品それ自体の品質の良さもあるだろうが、各国の日系人への高い信頼を抜きには語れない。また、とくに南北アメリカ大陸では日本製品の販路拡大に日系人がどれだけ貢献したかを、日本の日本人はもっと知るべきだろう。


◇4 紀宮様ペルー訪問を好意的に報道した現地マスコミ

 近年、南米の各移住先では、日系移民の記念祭が相次いでいる。ペルーおよびペルーからの転住があったボリビアでは平成11(1999)年、ブラジルでは平成20(2008)年にそれぞれ日本人移住100周年を祝った。

 ペルーでの100周年の際には、筆者は「ペルー新報」の記者として同国で生活していた。そのとき、ペルーを御訪問された紀宮清子内親王殿下(当時)を迎える日系人はいうに及ばず、ペルー国民の畏敬の念と熱狂を目の当たりにした。

 100周年式典では、フジモリ大統領(当時)やファースト・レディーである娘のケイコさんらといっしょに、会場となったラ・ウニオン運動場(日系人が作った同国1、2を争う運動場)のグランドを一周された。

 筆者は、記者席ではなく、あえて一般席で取材をしていた。その方が、一般の人々の息吹が感じられるからである。

 フジモリ氏らにとっては失礼だが、紀宮様の放つ神々しさや清浄としか表現しようのないオーラのようなものは、まさに「別次元」であった。いつもは、権威に屈しないことを信条とするペルーのマスコミも、このときばかりは非常に好意的な報道をしていた記憶がある。

 伝え聞いたところによると、紀宮様は両国へのご出発前に、両国のこと、移民のことをかなり真剣に学んでいたという。


◇5 「日本のプリンシペ(王子)は心がきれいだ!」

 ブラジルの100周年の際には、皇太子殿下が御訪問された。

 筆者は、記念式典が行われたパラナ州のホーランジャ市に、その直後、(別件の)取材で訪れている。どこへ行っても、記念式典と皇太子殿下を熱く語るブラジル国民に接することしきりであった。

 ある写真館に寄ったときのことである。店主は日系人ではなかったが、開口一番、「日本のプリンシペ(王子)は凄い!」と語る。

 何が凄いのかという点を、話好きなブラジル人らしく、彼が熱く語ったところによると、記念式典でスピーチした州統領は、予定時間を過ぎても長々としゃべっていた。しかも、どうも自己宣伝が臭う話しぶりであったのに対して、プリンシペは簡潔に、移住者を受け入れたブラジルに感謝し、両国の友好を願い、移住者をねぎらうだけであった、という。

 これに、ブラジル人は感動したというのだ。「清々しい(心がきれいだ)」。

 投票で選ばれる政治家は、大なり小なり自己を宣伝しなくてはいけない。だが、皇族方にはそれはない。まさに、皇太子殿下の「無私」の精神が、ブラジル国民に感動を与え、日系人を感涙させたのだろう。

 付け加えるなら、皇族方が体現する「歴史の重み」というものは、世界にも例がないものである。それだけで、畏怖の対象になるのだ。


◇6 慰霊塔に刻まれた「日本臣民ここに眠る」

 再度、憚(はばか)りながら申し上げるが、紀宮様と皇太子殿下の御訪問に際して、日本政府からの関係国に援助などがあったわけではない。美辞麗句もなく、バラマキODAもなく、日本を象徴する皇族方が、その存在のみで、かくも盛大な尊敬の念を抱かれたのである。このことを我々は深く考えねばならない。

 日本が大国として世界に貢献できるとしたら、それは経済面だけではない。礼節や相互宥和(ゆうわ)、多宗教を認め合うといった「人間が人間であるために必要な部分」を示す、文化大国としての役割だ。これを体現しているのが、皇室外交なのかもしれない。

 「天皇に私なし」といわれるが、「滅私」はとかく評判が悪い。しかし、この美徳は海外にも通じるものだ。無論、南北米州大陸においては、日系人が血で築いた信頼がベースにあるからこそなのだが、いまだに南米各国では(ほかの国でもそうかもしれないが)、天皇陛下が国を統治していると思われている。

 たとえば、ペルーのとある日本人慰霊塔を探訪した際、驚いたのだが、「日本臣民ここに眠る」とスペイン語で書かれていた(ペルー北部のランバイェケ県トゥマン日本人慰霊塔。画像はこちら。 http://www.geocities.jp/tontocamata/File0006.jpg )。

 草も生えない荒涼とした砂丘のうえに、ひとり立つその十字架状の慰霊塔の台座に刻まれた「SUBDITOS(臣民たち)」というスペイン語を見たとき、自己を強烈に再認識した。いつか機会があれば、これからの世代の皇族方にも見ていただきたい慰霊塔である。

 愛子内親王殿下の「登校拒否」問題など、最近の皇室に関する「ニュース」は、諸外国でもかなりの頻度で報道されていると聞く。しかし、その「ニュース」の文脈に現れるのは、個人主義的な「思い」ばかりである。個人主義的な私心の示すベクトルは、南米で皇族方が受けた尊敬の念とは真逆を指している。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

宮内庁長官の「苦言」で宮中「激震」?──気がかりはご健康と祭祀の伝統 [皇室]

▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢
宮内庁長官の「苦言」で宮中「激震」?
──気がかりはご健康と祭祀の伝統
(「神社新報」平成20年3月17日号から)
▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢

koukyo01.gif
「苦言とはニュアンスが違う」「ご発言を大切になさっていただければと(皇太子殿下に)願いをいった」。先月(平成二十年二月)二十八日の定例会見で宮内庁長官がふたたび口を開き、発言の真意を説明したと伝えられます。

 いうまでもなく、「苦言」とは二週間前の会見で、長官が「ご参内の回数が増えていない」と、殿下に対して異例の指摘をしたことです。


▢ 長官の真意

 発端は一昨年(平成十八年)の暮れでした。天皇陛下がお誕生日会見で「皇太子ご一家に寄せられる思い」を尋ねられ、

「残念なことは、愛子が私どもと会う機会が少ないことです。いずれは会う機会も増えて」とお述べになりました。

 二カ月後、今度は殿下がお誕生日会見で、

「陛下の愛子に対するお気持ちを大切に受け止めて、これからもお会いする機会を作っていきたい」と答えられました。

 しかし参内は逆に減りました。長官の説明では、陛下の皇太子時代には週に一度の参内があったのが、殿下は「年に二、三回程度」といいます。

 報道によると、長官は会見までに何度も殿下に直接、改善を申し入れたようです。そして批判を覚悟のうえで「発言されたからには実行を伴っていただきたい」と会見で発言したというのです。

 長官は陛下のお気持ちをどう理解し、「苦言」するに至ったのでしょう。「孫に会えない」という陛下の寂しさを晴らそうという私的レベルの発想でしょうか。それとももっと高次元の思し召しと考えての行動でしょうか。

 もし前者なら、本来は会見の席で公にすべきことではないでしょうし、マスコミの力を借りて、という発想は騒動の火種を長官みずからまき散らすことであり、宮内庁のトップとしての適格性を問われかねません。石橋を叩いて渡る性格といわれる長官ですが、あえて火の粉をかぶるつもりで行動したのだとすれば、私的レベルの問題ではないといえそうです。

 つまり「愛子さまに会いたい」という陛下のお気持ちはきっかけに過ぎないということになります。たとえば帝王学の一端を東宮家に伝えたい、というお考えと理解し、長官は思い切って行動したのかも知れません。その後の会見では「参内以外でも実行を」と言及しています。

 長官発言は案の定、波紋を呼び、二十三日の殿下のお誕生日会見に注目が集まりました。

 むろん殿下が「天皇に私なし」という大原則をご存じないはずはありません。しかし

「両陛下の愛子に対するお心配りは、感謝している。参内の頻度についてはできるだけ心がけたい。家族のプライベートなことがらなので、これ以上は差し控えたい」と、多くを語られませんでした。

 あるコラムニストが指摘するように「悲しいことに、皇族の誕生日が気の重いことを言い合う日になってしまった」のですが、同じ二十三日の東宮での夕食会に両陛下がご出席になったのには久しぶりに心が和みました。両陛下は今月二日にも東宮家を訪れ、ごいっしょに梅を観賞されました。

 けれどもふたたび心配事が持ち上がりました。陛下のご健康です。

 二十五日の宮内庁発表によると、陛下はガン再発予防の治療をお受けになっていますが、その副作用でこのままでは骨に異常を引き起こす可能性が高いと診断されています。宮内庁は新たな療法を検討するとともに、宮中三殿での祭祀が三月末から再開されるのに合わせて、ご負担の軽減の調整を実施する、と伝えられます。

 たとえば昨年(平成十九年)十一月ごろは毎日のようにお出ましが続きました。両陛下の過密スケジュールには驚くばかりですが、秋篠宮殿下がお誕生日会見で、前年に続き、ご公務のご負担についてふれられたことが影響したのか、その直後からお出かけのニュースはめっきり減りました。

 代わって十二月中旬からほぼ一カ月間、陛下は祭祀と儀式の多忙な日々を過ごされました。重要な祭儀がこの時期に集中しています。祭祀こそは天皇第一のお務めですが、これほどの激務はありません。


▢ 祭祀の伝統

 宮内庁発表にあるように、昭和の時代にも「所要の調整」はありました。

 六十二年秋に昭和天皇が開腹手術を受けられたとき、政府は国事行為の臨時代行を皇太子殿下(今上天皇)に委任しました。その後、ご回復に従い、「法律、政令などの公布」「儀式の執行」など七項目については委任が解除されました。

 しかし翌年夏、那須御用邸からヘリコプターで帰還され、戦没者追悼式にご参列になり、お言葉を述べられたあと、陛下のご容態は急変し、政府はふたたび殿下に国事行為を全面委任することを閣議で決めました。

 陛下の御外遊に伴って皇太子殿下が臨時代行を務められた例はあるが、ご病気に伴う臨時代行の設置は初めて、とメディアは解説しています。

 当時といまの状況とはもちろん異なりますが、今上陛下がご高齢で、療養中なのは事実です。ご回復を心よりお祈り申し上げるばかりですが、気がかりなのはやはり祭祀のことでしょう。

 戦前は皇室祭祀令(明治四十一年)に「天皇喪ニ在リ其ノ他事故アルトキハ前項ノ祭典(大祭)ハ皇族又ハ掌典長ヲシテ之ヲ行ハシム」などの規定がありました。

 大正天皇の場合は、八年の新嘗祭は御親祭になりましたが、歳末の節折の儀は出御がなくお取りやめ、九年の歳旦祭は侍従の御代拝、元始祭は掌典長の御代拝、御講書始はお出ましになりましたが、紀元節、春季皇霊祭、明治天皇祭は掌典長の御代拝、天長節は侍従の御代拝などと続き、翌十年十一月の皇族会議を経て、皇太子殿下(昭和天皇)が天皇の大権を代行する摂政にご就任されました。皇室典範制定以来の重要事と伝えられています。

 時代が変わり、昭和六十三年九月の一般紙は国事行為の臨時代行に関する報道のみでしたが、新嘗祭は掌典長が代わって奉仕しました。

 今回は国事行為ではなく、もっぱら祭祀のご負担を軽減しようと宮内庁は考えているようです。

 現憲法は「天皇は憲法が定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しない」と定めています。天皇の祭祀はこの国事行為とは考えられていません。現行憲法では私的行為と位置づけられています。

 しかし祭祀の伝統が軽視されていいはずはありません。地上支配者であるヨーロッパの国王とは異なり、皇祖の神勅に基づく公正無私なる祭祀王であることが日本の天皇の本質だからです。「国平らかに、民安かれ」と絶対無私の祈りを捧げてきたのが天皇であり、「およそ禁中の作法は神事を先にし、他事を後にす」(順徳天皇「禁秘抄」)といわれるほどに、この祭祀を重んじてきたのが日本の皇室だからです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース