So-net無料ブログ作成
検索選択
韓国・朝鮮 ブログトップ

泣かない子供にお乳はやらない [韓国・朝鮮]

以下は旧「斎藤吉久のブログ」(平成19年1月30日火曜日)からの転載です

seoul2.gif
 韓国文化にくわしい友人が教えてくれた韓国のことわざです。泣けばお乳をあげるけど、泣いてもいないのに、お乳をほしがっているんじゃないか、と思いやってお乳をあげる、という発想は、韓国人にはない、というのです。

 自分中心にやりたい放題、言いたい放題で、買い物に行けば、同じ韓国人同士でも、相手が外国人ならなおのこと、市場の店員は高い値段をふっかける。文句があるなら、いえばいいじゃないか、黙っているのは負けを認めたのと同じことだ──韓国人にはそういう発想があるといいます。

 面白いことには、最近、そのような考えを思い直す姿勢が韓国人の中に少し見られるようです。「韓国は住みにくい」と声を上げる外国人がかなりいることが韓国人に知られるようになってきたからです。

 韓国メディアによると、韓国消費者保護院が先日、発表した報告書には、韓国で生活する外国人のじつに4割が「不満足」と答えたといいます。

「意思の疎通がむずかしい」

「外国人への配慮が足りない」

 などが理由で、スーパーなどの試食コーナーで試食した外国人をつかまえて

「試食したら買え。そのまま行くのか」

 と怒り出す店員もいることなどが伝えられています。

 このような調査がおこなわれ、メディアが報道するのは、言いたい放題・やりたい放題の国民性に変化が見られると解釈すべきなのでしょうか。友人は、そうではない、と答えます。外国人から批判されて、体面を気にしているのだ、というのです。

 儒教文化にどっぷりと浸かった韓国人は表向きの体裁や形式を重んじる。体面を失って、態度を変えざるを得なくなった、と友人は見るのです。体面を気にしなくていい局面では、自己中心的なやりたい放題がつづきます。

 その韓国人がいま言いたい放題・やりたい放題なのは、竹島問題でしょう。たとえば韓国のメディアは、先日の冬季アジア大会入場式で南北合同行進がおこなわれ、団旗の統一旗には独島(竹島)が「鮮明」に描かれていた、と誇らしげに伝えています。

 南北に約1100キロある朝鮮半島をかりに縦110センチに縮小して描けば、南北1キロの竹島は1ミリにしかなりません。それでも「鮮明」といえるのかどうか。

 日本人の場合、そんなバカバカしい話を聞けば、あっけにとられて、言葉を失い、話題にするのもはばかれますが、友人の指摘によれば、韓国人相手の場合は、黙っていては交渉が成立しないことになります。声を上げないといけないのです。

 いちばん良くないのは「日本人の無関心」だと指摘するのは、韓国・朝鮮問題が専門の元大学教授です。

 たえず中国やロシアの脅威にさらされてきた半島国家は、国際政治の荒波を、権謀術数を弄して必死に泳ごうとします。しかし、穏和な海に守られてきた日本人はそのしたたかさが理解できず、まんまと乗せられます。韓国が「侵略」「植民地支配」を持ち出すと、日本人は十分な歴史検証もせずに、

「日本がひどいことをした」

 と情緒的に反応し、国益を顧みないのです。

「明治の先人たちが朝鮮を重視するようになったのは、ロシアの南下で安全保障上、重要になってからだ。日本の安全が脅かされる事態にでもならないと日本人は関心を持とうとしない」

 つまり、日韓関係がうまくいかないのは、無関心で、話題にもしない日本人の方に問題があることになります。韓国人に言いたい放題、やりたい放題をさせているのは、韓国人ではなく、日本人だということです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

スポーツに政治を持ち込んだ韓国と北朝鮮 [韓国・朝鮮]

以下は旧「斎藤吉久のブログ」(平成18年12月3日日曜日)からの転載です


 アジア大会の開会式で、韓国と北朝鮮の選手団は「Korea」の名のもと、「統一旗」を先頭に、合同で入場しました。北朝鮮が核実験を強行し、国際的に孤立を深めるなか、合同行進は南北宥和をあらためて印象づけたと伝えられています。

 政治とスポーツは別であり、スポーツの交流を通じて平和の礎を築いていくことは大きな意味がありますが、今回の合同行進は新たな政治を持ち込む悪しき前例を作ってしまったのではないでしょうか。

 ほかでもありません。今回の「統一旗」には「独島がはっきりと描かれ」(朝鮮日報)ていたからです。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/02/20061202000020.html

 朝鮮日報は、アメリカ、イギリス、フランスの通信社が、独島が描かれた統一旗をかかげて合同入場する瞬間を全世界に発信した、と興奮気味に伝えています。

 6年前、金大中・金正日会談の直後に開かれたシドニー・オリンピックではじめて使用されたのが統一旗ですが、今回の合同行進はほとんど幻想に近い南北宥和を政治的に演出し、一方で、日韓・日朝の政治的対立を世界的にアピールする政治ショーとなったのではありませんか。

 日本の新聞は「核実験危機を超えて」とまるで美談であるかのように伝えていますが、まったく間違っているでしょう。南北統一が民族の悲願であることはむろん理解できますが、これは平和の追求を目的としない、二重の意味でのスポーツの政治利用です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

葦津珍彦の韓国紀行──隣国との信頼・友愛を築くため必要なこと [韓国・朝鮮]

▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢
葦津珍彦の韓国紀行
──隣国との信頼・友愛を築くため必要なこと
(「神社新報」平成10年11月16日号)
▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢


 昭和四十一年春、葦津珍彦は韓国を訪問した。国交正常化の翌年のことで、ほぼ20年ぶりの韓国であった。
葦津珍彦3.jpg
 1週間のソウル滞在で、葦津は学生たちと10時間以上も討議した。その印象を「韓国紀行」(神社新報社刊『葦津珍彦選集2』所収)に書いている。

 学生たちが自国の歴史に切々たる愛情を持っているのは好ましかったが、知識は明らかに偏っていた。

 近代の日韓対立史は詳しいのだが、李朝内部の対立関係の知識は乏しかった。抗日烈士の活躍には詳しかったが、反日戦線内の思想対決はよく知らない。憎むべき日本人の存在については詳細な知識を持ちながら、好ましい日本人の存在は知らなかった。

 それは現代のハングル教育の結果でもあった。ハングルの教科書で歴史を学ぶ学生たちは、漢字の多い独立以前の文書が読めないのであった。多くの知識が不足するのは当然であった。

 たとえば、ハングルの創始者である世宗王の知識は豊富だが、ハングルが19世紀末に市民権を得るに際して、福沢諭吉がハングルの活字を作らせ、門下生の井上格五郎ハングル混じりの新聞「漢城周報」を発行させた歴史を知る者は1人もいなかった。

 葦津が韓国近代史上、もっとも尊敬する近代化の先覚者たる金玉均については、学生たちは日本に欺かれて反乱をおこして失敗、日本に亡命したが見捨てられ、上海で惨殺された、と日本人の背信と冷淡を語ったが、終始、金玉均に同情と援助を惜しまなかった福沢や頭山満、来島恒喜ら民間人の存在は知らなかった。

 日韓併合に対する恨みは深いが、それは伊藤博文に集中していた。抗日烈士安重根を英雄視するあまり、伊藤以上の弾圧者であるはずの山県有朋、桂太郎などは過小評価されていた。

 葦津は語った。

 諸君は1907年の皇帝譲位と10年の日韓合邦を評論するが、十数年前の1896年に李朝はすでに滅びていたのではないか。高宗王はみずからロシア大使館に入り、ロシア海兵隊に守られて、自分が任命した金弘集首相以下の臣僚を惨殺させた。このとき国の独立は失われている。

 諸君は外国権力の責任を追及するが、外国が非道だから国が滅びざるを得ないというのでは、そもそも独立を保てない。むしろ諸君は、韓国内部の亡国理由を直視すべきではないか。

 学生たちと別れ、機上の人となった葦津は韓半島の山々を眺めながら、父・耕次郎を思った。耕次郎は若き日に、韓国の人民が無力にも暴政に苦しめられているのを思い、

「天皇陛下の御心を安んじ奉りたい」

 と即席の韓国語を学び、ドン・キホーテのごとく海を渡った。

 耕次郎の父・磯夫は福岡・筥崎宮の祀掌で、神祇官復興、教育勅語起草に関わるなど、神社界の重鎮であった。その兄・大三輪長兵衛は事業家にして政治家で、韓国に招かれて貨幣制度改革に取り組み、日韓攻守同盟条約の締結を斡旋、韓国皇帝から勲三等に叙せられている。

 耕次郎自身は朝鮮神宮に朝鮮民族の祖神ではなく天照大神を祀ることに強く抵抗し、韓国併合に猛反対したことで知られる。

 葦津は明治の青年たちの壮大な志と情熱を懐かしみながら、これからの青年たちが対日不信に固まった隣国の青年と交わり、その意識を揺り動かし、深い信頼と友愛を築き上げることは容易ではない。それは偉大にして困難な、男子畢生の大業というべきものである。山をも動かさねばならぬというほどの情熱と大志が要求される、と「韓国紀行」に書いた。

 葦津の訪韓から30年あまりが過ぎ去った。先月(平成10年10月)は小渕首相と金大中大統領の共同宣言で「過去の清算」と「日韓新時代」が謳われた。

 しかし、この間、両国間の深い信頼と真の友愛を築くために、山をも動かすほどの情熱と志を持った日本の青年たちは現れただろうか。そうした若い人材を育てる努力はなされてきたのか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
韓国・朝鮮 ブログトップ