So-net無料ブログ作成
チャンドラ・ボース ブログトップ

インド独立の英雄C・ボースの63回忌 [チャンドラ・ボース]

以下は旧「斎藤吉久のブログ」(平成19年8月19日日曜日)からの転載です

bose1.gif
 ほんとうは「63回忌」というのは仏教にはありません。一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌と年忌には特定の年に行われる決まりがあり、毎年欠かさず法要を続けるということは本来ないのですが、ガンジー、ネールと並ぶインド独立の英雄で、しばしば「ネタジ(指導者)」の尊称で呼ばれるスバス・チャンドラ・ボースの慰霊法要は、遺骨が安置される東京・杉並の蓮光寺で、ネタジを心から慕う関係者の手で毎年、営まれてきました。

 今年も命日に当たるきのうの午後、法要が営まれ、50人ほどの参列者が集まりましたが、じつにさびしいことに、先の大戦中、ネタジといっしょにインド独立戦争を戦った光機関の人たちは一、二名しか姿を見せませんでした。

 敗戦後の混乱期に在日インド人代表から遺骨をあずかった蓮光寺とともに、ネタジの慰霊と遺骨の祖国返還運動を熱心に進めてきたのが光機関の人たち(チャンドラ・ボース・アカデミー)ですが、すでに戦後62年、ほとんど人たちは鬼籍の人となりました。

 今年はさらにさびしいことに、法要の場に住職の姿もありませんでした。体調を崩されているとの説明でした。先代住職の遺志を受け継いで遺骨を守ってきた住職ですが、月日は確実に流れていきます。

 導師を務めたのは若い副住職で、法要のあと、住職の挨拶文が代読されました。それによれば、最近、遺骨をあずかった寺を飛び越して、勝手に返還運動を進める人たちがいて、心を痛めているとのことでした。

 昨年の命日に、その昔、ネタジがインド脱出を図ったとき、運転手を務めたネタジの甥セシル・ボース博士の未亡人から手紙が届いたこと、そこには親子二代にわたってネタジの遺骨が守られていることに感謝すると書かれてあったことも紹介され、住職は返還の日まで遺骨をお守りしていきたい、と決意を新たにしていました。

 かつての戦友たちに代わって、法要に顔を出すようになったのは、日本会議のメンバーや個人的にネタジに関心を持つ人たちのようです。今年は、私が知るかぎり、はじめて祭壇に「日印協会」の供花が飾られました。一方、ここ数年、インド大使館からの参列はありません。

nice!(0)  コメント(0) 
チャンドラ・ボース ブログトップ