So-net無料ブログ作成

大統領閣下、何をしたいのですか [日韓関係]

以下は旧「斎藤吉久のブログ」(平成19年1月26日金曜日)からの転載です

yasukuni4.gif
 韓国の盧武鉉大統領はきのう、日本訪問について

「あれこれ条件をつける考えはない」

 といいつつ、

「首相の靖国参拝を控えるように願いたい」

 と記者会見で注文をつけました。条件はない、といいながら、条件をつけるのは矛盾ですが、振り返ってみると、盧武鉉大統領の歴史問題、靖国問題に関する就任以来の行動はそれ自体、一貫性に欠けています。

 盧武鉉大統領が初めて訪日したのは、大統領に就任した2003年の6月6日でした。この日は韓国では「顕忠日」。抗日独立運動と朝鮮戦争で民族と国家に一命を捧げた人々を国をあげて追悼する特別の日です。

 大統領は顕忠院に献花、焼香し、

「私たちはいつまでも過去の足かせにとらわれているわけにはいかない」

 と追悼の辞で述べました。そして、「過去」の呪縛を振り払うかのように、そのまま機上の人となり、来日した大統領は、宮中晩餐会で

「両国はもはや過去の陰から自由になって、真の和解と協力の新時代を開いていかなければなりません」

 と語りました。

 翌2004年暮れにふたたび来日した大統領は、鹿児島県指宿で開かれた小泉首相との首脳会談のあと、大統領は同県東市来町に薩摩焼14代宗家の沈寿官氏を訪ねました。文禄・慶長の役で島津勢の捕虜となり、日本に連れてこられた陶工の子孫です。大統領は異国の地で独自の発展を遂げた陶磁器の美しさに驚嘆し、

「我々の誇り」

 と賞嘆したと伝えられます。

 この町には陶工たちが建てた朝鮮建国の組・檀君をまつる神社があります。秋祭りには故国の礼服を着て、歌い、舞い踊ったという神社の境内にはかつて「A級戦犯」東郷茂徳元外相の父親が寄進した大灯籠がありました。東郷元首相の祖先もまた秀吉の朝鮮出兵で連れてこられた朝鮮陶工の子孫でした。東郷が初入閣したとき、神社では健康と奮闘を祈る祈願祭が行われ、境内は参列者であふれたといわれます。

 しかし、沈寿官氏の家の目と鼻の先にある神社も東郷元首相の生家も、大統領は訪ねることはありませんでした。

 そして2005年、大統領は対日強硬政策に転換しました。11月に釜山で開かれた日韓首脳会談で大統領は歴史問題を取り上げ、

「日本が『過去』に戻るのではないかという懸念がある」

 と語って首相参拝中止を求め、マスコミには

「(首相参拝は)韓国に対する挑戦だ」

 と非難したと伝えられました。

 大統領が靖国神社を「日本軍国主義のシンボル」と見て、毛嫌いするのは自由ですが、それなら抗日独立運動家をまつる顕忠院に対して日本人がいだく国民感情を大統領はどのようにお考えなのでしょうか。

 もとより日本が朝鮮と戦争した歴史の事実はありません。朝鮮人はもっとも協力的な戦友であったはずです。だからこそ靖国神社は朝鮮半島出身の戦没者を、分け隔てることなく丁重に慰霊してきたのではないでしょうか。
 
 小泉首相も安倍首相も抗日戦士をまつる顕忠院に表敬し、献花、焼香しています。いずれの国であれ、国に一命を捧げた戦没者に敬意を表することは、国際的な儀礼だからです。他方、韓国はどうでしょうか。

 釜山での首脳会談で、大統領は

「いくら(靖国参拝についての小泉)首相の考えを善意に解釈しようとしても、韓国民は絶対に受け入れることはできないだろう」

 と語ったといわれますが、日韓の和解が妨げられている真因はどこにあるのでしょうか。

 日韓関係はしばしば独仏関係と比較されますが、10年前、韓国対外経済政策研究院の柳荘煕所長は、自著でドイツのシュミット首相との次のような対話を紹介しています。柳所長が

「ドイツは戦争の原因が自分たちにあると認め、謝罪した。なぜ日本は謝罪しないのか」

 と問いかけると、シュミット首相はこう答えたのでした。

「和解の手をさしのべたのはフランスであり、そして私たちがそれに応えたのです」(“Real success, financial fall”)。

 さて、大統領閣下は何をなさりたいのですか。

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

さいちゃん

10年経っても相変わらずです

问:今天是日本的二战结束纪念日,目前还没有安倍内阁成员参拜靖国神社。这是安倍首相2012年上台后首次出现这样的情况,中方对此有何评论?
答:我们注意到安倍首相目前没有去参拜靖国神社,同时也注意到他已经向靖国神社供奉了祭品。中方的立场非常清楚,靖国神社供奉着对侵略战争负有直接责任的二战甲级战犯,我们坚决反对日方的错误做法。今年是日本宣布无条件投降72周年,也是卢沟桥事变和南京大屠杀发生80周年。中方敦促日方切实正视和深刻反省侵略历史,同军国主义彻底划清界限,以实际行动取信于亚洲邻国和国际社会。

http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1484830.shtml
by さいちゃん (2017-08-17 04:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。