So-net無料ブログ作成

信者数で見る世界の主要宗教 [宗教]

以下は旧「斎藤吉久のブログ」(平成19年5月9日水曜日)からの転載です


 宗教関係の統計などを収集している adherents.com が「信者数で見る世界の主要宗教」を発表しました。
http://www.adherents.com/Religions_By_Adherents.html

 これによると、第1位はキリスト教の21億人、2位がイスラムの13億人、3位が無宗教の11億人、4位がヒンドゥーの9億人、以下、5位、中国の伝統宗教、3億9400万人、6位、仏教、3億7600万人、7位、原始的土着宗教、3億人、8位、アフリカ伝統宗教、1億人、9位、シーク教、2300万人、10位、北朝鮮のチュチェ思想、1900万人と続いています。

 日本の神道は15位で400万人、天理教が18位の200万人となっています。20位以内に日本の宗教が2つまでも含まれているのは注目されます。

 この統計から分かるのは、まず第一に、世界三大宗教の1つとされてきた仏教の後退と無宗教の拡大です。ヒンドゥーや中国伝統宗教の信徒数が増えているのは爆発的な人口増の結果なのでしょう。

 面白いのは、北朝鮮政府によって唯一公認されているイデオロギーのチュチェ思想が主要宗教に数えられ、10位にランクインしていることです。

 世界の人々の半数は唯一神を信じているようですが、一神教であれ、多神教であれ、世界の宗教のほとんどがアジアから生まれていることに改めて気づかされます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。