So-net無料ブログ作成

祭祀破壊の「張本人」入江侍従長/話題「江戸時代の即位礼」/天皇・皇室の一週間 [天皇・皇室]

以下は「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジン(2008年4月22日)からの転載です


□□□□□□□□□□ 祭祀破壊の「張本人」入江侍従長 □□□□□□□□□□

▽1960年以降始まった「簡略化」

 原武史論文批判を続けます。原教授は月刊「現代」5月号の論考で、昭和天皇の時代に祭祀が「簡略化」されたことに言及しています。理由は陛下の「高齢」というのですが、それは口実にすぎず、本当の理由は別にある、と先週の当メルマガ臨時増刊号では指摘しました。

 そのことは原教授自身、気づいているのでしょう。『昭和天皇』(岩波新書、2008年)には次のように書かれています。「入江相政(いりえ・すけまさ、侍従長)は、1960年代以降、天皇の高齢に配慮して宮中祭祀の負担を減らし、代拝で済ませるよう助言してきたが、天皇は入江の助言を受け入れ70年の新嘗祭(にいなめさい)からは『暁の儀』を掌典長に代拝させ……」

 1960年代以降、動きが始まった、というのなら、昭和天皇はまだ還暦を迎えられたばかりです。「高齢」が理由とは言い切れません。

 それなら何が「簡略化」の原因なのか。いや、これは簡略化というべきものなのか、ことの本質を見極める手始めとして、原教授が雑誌論考に参考資料として取り上げる、昭和天皇最後の側近といわれる卜部亮吾(うらべ・りょうご)侍従の日記などをあらためて読むことにします。


▽長時間お座りに

 まず、昭和聖徳記念財団の機関紙「昭和」増刊号を開いてみます。宮中祭祀について語った、卜部元侍従や前田利信元掌典次長の対談などが載っています(『昭和を語る』同財団、平成15年所収)。

 その中で卜部元侍従は、新嘗祭が肉体的に大きな負担であることを次のように説明しています。

「新嘗祭はいちばん大変です。時間も長いですし、長時間ずっとお座りになって御直会(なおらい)をされるのです。足のしびれは普通ではないですよ。新嘗祭が近付きますと、お居間でテレビをご覧になるときに、ふだんはソファでご覧になりますが、座布団を敷いて座ってご覧になるのです。つまりお座りの御練習という、そういうことまで気を遣っていらっしゃる」

 しかし実際の神事は座布団ではないようです。前田元掌典次長はこう説明しています。

「ご拝座がございましてね。畳で半畳よりもちょっと大きいぐらいですが、お座りになって遊ばすのですけれど、座布団もありません。固い畳です」


▽大変だった最晩年

 新嘗祭は天皇みずから天神地祇に新穀を捧げ、ご自身も召し上がるという宮中祭祀第一の重儀で、「夕(よい)の儀」と「暁の儀」があります。午後3時に始まり、すべての祭儀が滞りなく終わるのは翌日の午前1時ごろといわれます。

 晩秋の深々と冷える夜間、長時間、固い畳の上に正座し、ご自分のためならいざ知らず、ひたすら国と民のために切なる祈りを捧げるのは激務以外の何ものでもありません。ご高齢ならなおのことで、卜部元侍従はそのような趣旨から以下のように語っています。

「(昭和天皇が)ご高齢になられるに応じて、側近たちでご相談の上、お許しをいただいて、御代拝を少しずつ増やしていきました。そのときは入江さん(侍従長)が口説き役でね」

「(ご自身でなさる最後の新嘗祭となった昭和)61年、あのときは本当に大変でした。御祭服は長い裾を引いて、後ろから侍従がお支えしている。御殿にはけっこう段差があるんですよ。またぐのが大変です。スロープをつけていただいたり。私は後ろからお裾をお持ちしたままで、お腰をこう支えてね。礼儀作法はちょっと逸脱しているけれど」


▽卜部日記では分からない

 齢80代半ばとなられた昭和天皇の最晩年ともなれば、作法通りに祭祀が行われがたいのは致し方のないことです。むしろ、高齢を押して祭祀をご自身でやり遂げようとされたことに、心からの敬意を表さずにはいられません。「およそ禁中の作法は神事を先にす」(順徳天皇「禁秘抄」)という皇室の伝統を第一に考えられてのことと拝察します。

 しかし問題は昭和天皇の「高齢」ではありません。卜部侍従も「ご高齢」という表現を使い、徐々に御代拝が増えたと説明するのですが、繰り返しになりますが、いみじくも原教授が『昭和天皇』で指摘するように、これよりもはるか以前、祭祀の簡略化は入江侍従長によって1960年代以降に起きているからです。

 昭和天皇が還暦を迎えたばかりで、まだまだ「高齢」とはいいがたい60年代に、入江侍従長はなぜ祭祀のご負担軽減を進めたのか。残念ながら、その経緯は、原教授が雑誌論考の資料として取り上げる「卜部日記」からはうかがえません。

 卜部氏が人事院から侍従職に転じたのは昭和44(1969)年。「日記」はその年に始まりますが、44年から59年までの抄録を収めた朝日新聞社刊『卜部亮吾侍従日記』第1巻に、祭祀簡略化に関連する記述が現れるのは46年の新嘗祭が最初で、もうすでに「簡略化」の流れは決まっていたのです。


▽女官や皇后の抵抗を押しのけ

 事情がうかがえるのは、原教授の『昭和天皇』には取り上げられているけれども、雑誌論文には取り上げられていない、卜部元侍従が「口説き役」(『昭和を語る』所収のインタビュー)と表現した入江侍従長の「日記」です。

 昭和41年から47年までの日記を収めた『入江相政日記 第4巻』(朝日新聞社、1991年)をめくると、祭祀「簡素化」をめぐって女官や香淳皇后との激しいつばぜり合いがあったことが見えてきます。高齢となった陛下を慮(おもんぱか)って、というような穏やかなものではなく、むしろ入江侍従長の執念が見え隠れしています。

 43年10月25日(金) (富田)長官の所へ行き、新嘗のことなど報告。10時過ぎに皇后さまに拝謁。新嘗の簡素化について申し上げたが、お気に遊ばすからとのこと。もう少し練ることになる。永積さんと相談。夕方、掌典職の案というのを聞かせてもらう。これで行くことになろう

 同年同月28日(月) 魔女に会い、新嘗のこと頼む。(筆者注。「魔女」というのは祭祀に熱心な、ある1人の女官のことを意味しているようです)

 44年7月14日(月) 賢所のクーラーの見通しがついたというので、お上に申し上げ、お許しを得る。小川さんに頼んで皇后さまに申し上げたら、とんでもないこと、賢所に釘を打ってはいけない、それくらいのことにお堪えになれないお方ではない、などとおっしゃった由。お気の毒さまだが、お取りやめにする。

 45年5月30日(土) 10時過ぎに皇后さまお召しとのこと。何事かと思って出たら、旬祭(しゅんさい)はいつから年二度になったか、やはり毎月の御拝(ぎょはい)が願わしい、なぜかというと日本の国がいろいろおかしいので、それにはやはりお祭りをしっかり遊ばさないといけないとのこと。貞明皇后さまから御外遊まで洗いざらい申し上げる。それでは仕方がないということになる。くだらない。

 同年11月23日(月) 5時10分に出て吹上に行く。夕の儀。脚は大して痛くなかった。やはり夕の儀だけ。明年は何もなしに願ってつくづくよかった。

 同年12月3日(木) 待っていたら甘露寺さん来。新嘗を今年は夕だけ、明年は両方ともお止め願った方がいいと思うわけをよく話し、内掌典に先手を打っていっていただきたいと頼む。

 入江日記が真実を記録しているのだとすれば、昭和天皇の側近中の側近である入江こそ祭祀簡略化の張本人だったことになります。賢所へのクーラー導入という電化推進を含めて、入江の工作は昭和40年代前半に始まり、女官や香淳皇后の抵抗を押しのけて進められました。


▽キーパーソンは入江侍従長

 原教授は、なぜ昭和天皇は晩年まで祈りにこだわったのか、と問いかけます。しかし、むしろ問わなければならないのは、なぜ入江侍従長は祭祀簡略化にこだわったのか、ではないでしょうか。つまり「簡略化」のキーパーソンは昭和天皇ではなくて、入江侍従長です。

 入江侍従長はいったい何を考えたのか?

 ヒントとなるのは、入江侍従長の昭和45年の日記に載っている、大晦日に書いたとされる「補遺」です。「万博で大変な年だった」という1年の回顧ですが、中心テーマは祭祀問題でした。少し長くなりますが、関係する部分を以下、引用します。

「新嘗をお止めに願うこと。四方拝は御洋服で、それに続く歳旦祭は御代拝。この3つだけ整えれば、まだ当分はおさしかえなしと考えられたが、新嘗お取りやめの工作は、この2年来まず皇后さまにばかりあたったために、いつも失敗に終わっていた。今年は皇后さまは抜きにして、お上とお祭りの今後について、とくと懇談申し上げようと考えていた。

 そうしたら5月30日(土)お上が御研究所にお出ましになったあと、皇后さまがお召しで、なぜ6月1日の旬祭は御代拝かとおっしゃる。2年ほど前にお上のお許しを得て、年2回陽気のいい5月と10月の2回だけ御親拝、あとは御代拝ということになっていると申し上げたら、もっとお祭りを大事に度数を増やした方がいいとおっしゃる。

 なぜそういうことをおっしゃるのか。誰がそういうことを申し上げるかとうかがう。もし魔女の名が出たら、たちまち爆撃しようと構える。ただ私が考えるだけのこと。それなら皇后さまがお考えをお変えになりさえすればいい、お上はお大事なお方、お祭りもお大事だが、お祭りのためにお身体におさわりになったら大変、と申し上げる。そうしたら驚いたことに、それでは私がやろうかとおっしゃる。無茶苦茶とはこのこと。こうまで魔女にやられていらっしゃるとは。

 そこで貞明皇后のことを詳しく申し上げる。歌御会始のことをうかがったときのすばらしさ。神様とお思いになったとき、賢所は浮かばず伊勢が浮かぶとおっしゃったこと。還暦過ぎたら粗相があっては恐れ入るから賢所などもご遠慮すべきものとおっしゃったこと。いまの日本でお上がどうかおなりになったら救うべからざる事態になることなどいろいろ申し上げる。1時間ほどかかったろうか。

 とうとう、それでは仕方がない、と仰った。そこで今年は新嘗は夕だけ。明年からは両方お取りやめ。四方拝は吹上のテラスで御洋服で。歳旦祭は御代拝ということに願うつもり。皇后さまはこの種のことを申し上げることは、お上に老来をお告げすることになり、がっくり来ておしまいになるとかねがね仰せだったので、控えていたが、よくよく申し上げてみればそんなことは絶対にない旨を申し上げる。魔女の奥の手の貞明皇后のことまでぜんぶ申し上げたので、つまりはとどめを刺したことになった。ことにいま貞明さま御在世ならばかならずもうこれ以上遊ばすことはないと仰せになるに違いない、というのは効いたと思う。

 新嘗のちょうど1週間前の月曜にお上に申し上げる。すぐにはご承知にならなかったが、やっとご承知になる。新嘗の翌日の24日にお祭りを夕だけでお止めになったことについて、何か批評はなかったかと仰せになったが、東宮さまもすっかりご安心で、ようこそ止めて上げたと仰ったことを申し上げたらすっかりご安心だった」


▽不敬きわまる横暴

 祭祀問題はこのころの入江にとって大テーマだったのでしょう。入江日記にこのような「補遺」までわざわざ書き残しているのは、ほかの年には見当たりません。

 入江は祭祀簡略化工作を昭和43年に、香淳皇后を通じて開始しました。しかし思わぬ反対をうけてうまくいかず、45年には戦術を変えて昭和天皇に直接の働きかけを行い、新嘗祭お取りやめ、四方祭の洋装、歳旦祭の御代拝などが合意されたようです。

 分からないのは、なぜ祭祀の「簡素化」という方法がとられたのか、です。卜部侍従や入江侍従長の言い分を呑んで、百歩譲って、陛下の高齢に配慮したのだとしても、皇室伝統の祭祀をなぜ「簡略化」しなければならないのでしょうか。

 原教授は軽々に「簡略化」と表現していますが、宮中祭祀であれ、神社祭祀であれ、祭祀には決まった形式があり、装束にもそれぞれ意味があります。儀式を簡単に省略したり、装束を勝手に変更したりすることは許されるべきことではありません。

 考えれば当たり前のことで、戦前の皇室祭祀令に「天皇が喪に在り、その他事故あるときは、前項の祭典(筆者注。大祭)は皇族または掌典長をしてこれを行わしむ」とあるように、みずから祭祀を行い、拝礼することが無理だとすれば、大祭なら皇族か掌典長、小祭なら皇族か侍従の代拝という方法を選択すればいいことです。

 神社のお祭りなら、たとえば事情で宮司が祭式通りに祭典を奉仕できないとすれば、祭式を変更するのではなく、宮司に代わって権宮司や禰宜(ねぎ)が祭典を奉仕するでしょう。人間の都合にあわせて神事を簡単に変更することなどあってはなりません。

 それをなぜ、歳旦祭の御代拝はまだしも、四方拝の装束を洋装とし、しかも神嘉殿ではなく御所のテラスでおこない、さらに第一の重儀である新嘗祭をお取りやめにする、というような方法をとるのでしょうか。これは端的にいえば、祭祀の簡略化ではなくて、祭祀の改変・破壊であって、不敬きわまる横暴というべきです。

 なぜそのような冒涜を、皇室の藩屏(はんぺい)であるべき入江侍従長は敢行したのか、それは引き続き次号で考えます。本論はいよいよ佳境に入ります。


☆ 補論 ☆

 先週の臨時増刊号で、昭和天皇の時代の祭祀簡略化は「高齢」が理由ではなかったことの根拠として、昭和50(1975)年2月17日の祈年祭の「タタラ事件」を取り上げました。

 卜部侍従のインタビュー(『昭和を語る』所収)は事件をこう説明します。

「内陣の方でドタンドタンと音がしました。……お倒れになったかと思いましたが、お立ちになったりお座りになったりする儀式で、タタラを踏まれたのだそうです。そういうことが何回かあって、お祭りの軽減を考えました」

 タタラを踏むのが「儀式」ならば、この事件が軽減のきっかけになったとしても、「高齢」を理由とすることには無理があります。したがって臨時増刊号では、「老い」の問題ではないはずなのに、その後の祭祀簡略化の口実にされたようにも受け取れる、と書いたのでした。

 けれども、うっかり見落としてしまったことがあります。じつは卜部日記にはこの事件の生々しい様子が以下のように記述されています。

「賢所にて最初お倒れになったような大きな音二度 とばりを少しくりて伺うも御異常なき御様子に安堵(あんど)す、皇霊殿では御退出の際、正対遊ばされずこれまたあわてる。このほか御剣の金具が落ちたり、いろいろなことあり、ともかくも無事相済み、昼食時、侍従長に報告申したるところ、即刻(永積寅彦)掌典長とお話しなされ、やはり前にお倒れになり手をおつき遊ばしたる由、寒さの中、急にお立ち上がりになりたるせいか、今後居拝の線で願う方向協議されたる模様」

 これを読むと、祭典中にさまざまな不測の事態が起きていたことが想像されますが、これを簡単に「高齢」に伴う現象と解釈すべきかどうか、私は躊躇しています。神社の祭典でも祭式通り行かないのは日常茶飯事だからです。

 また、祭祀は形式であるとはいいながら、単なる形式ではありません。形式にこだわれば、祭りの精神は失われます。卜部侍従の証言は、陛下の「高齢」から祭祀が「簡略化」されたのではなくて、最晩年はともかく、最初から「簡略化」の方針があって、形式論的発想から「高齢」がでっち上げられるのではないかという疑いさえ抱きます。

 原教授は、「現代」の論考で、「昭和天皇はみずからの高齢を理由に宮中祭祀が削減または簡略化されていくことについて、いいがたい不安を覚えていた」「昭和天皇は晩年まで『祈り』にこだわった」と論理を展開させていますが、この論理は成り立たない、というのが私の考えです。

「高齢」を理由とした祭祀の改変がいままた起きようとしています。それどころか、原教授は「新しい神話づくり」などと、天皇の制度そのものの改変を主張しています。じつに危険といわねばなりません。


□□□□□□□□□□ 話題「江戸時代の即位礼」 □□□□□□□□□□

近世、京都の庶民は即位礼を拝観していた─見直しが必要な俗説的天皇史─


▼閉ざされた存在だったのか

 真理を追究するはずの学問が逆に虚構を振りまいている、ということがしばしば見受けられます。天皇研究はその典型かもしれません。

 江戸時代の天皇が民衆から遠い存在だった。日本の天皇は明治時代になってから民衆の目に触れるようになった──というのがこれまでの通説でした。この説では、近代の天皇制度は「伝統」的ではない、ということになり、この説は女性・女系天皇容認論の論拠ともなっています。

 たとえば、多くの文献を駆使して、「万世一系説」「女帝『中継ぎ』説」を批判検証し、皇室典範改正・女帝容認を提案する朝日新聞・中野正志記者の『女性天皇論』が一時期、話題になりましたが、この本には、吉田裕・一橋大学教授の『昭和天皇の終戦史』に依拠しつつ、「江戸時代までの天皇は、宮中の奥で閉ざされ、神秘的な存在だった。維新まもなくの1872(明治5)年、明治天皇は、東京の皇居から人前に姿を現し、50日間の旅に出ている。大行幸は、1885(明治18)年まで6回行われた。天皇は『見えない』存在から『見える』存在へと大転換を遂げた」という記述があります。

 しかし、本当に近世以前の天皇は民衆から「閉ざされた存在」だったのでしょうか。たとえば、皇室の祖神をまつる伊勢神宮にお参りするおかげ参りが全国化したのは江戸時代です。雛祭りが全国化したのも江戸時代で、男雛、女雛は天皇、皇后をあらわしています。民衆の皇室に対する敬愛の念が連綿と続いていたのではないでしょうか。


▼「観覧券」が配られた

 いや、実際、天皇がおられる京都では、天皇の即位行事に、何と「観覧券」が配られ、庶民が争って詰めかけた、というのですから驚きです。

 平成18年11月の読売新聞の記事によると、近世民衆史研究家の森田登代子氏は、江戸時代に京都で出された「町触れ」(告知)2万数千件を集めた『京都町触集成』(京都町触研究会編)を丹念に調べた結果、桜町天皇の即位式では、観覧券に当たる「切手札」が発行され、男女別で御所のどの門から入るかが決められていた、桃園天皇の即位式でも切手札が発行され、事故防止のためか人数が制限され、老人や足の弱い人などは観覧が禁じられていた、ことが分かったというのです。

 また光格天皇即位式を描いた『御譲位図式』などの絵図では、警備の武士とは別に、裃(かみしも)で正装して御所に入る人、子どもや授乳する母親といった絵柄が確認された、といいます。

 森田氏は、「(即位行事は)民衆にとってごく身近で楽しみな行事だった。江戸時代になって急に公開したのでなく、中世以来の伝統ではないか」と語っている、と記事は伝えています。


▼君民一体でお祝い

 通説をくつがえす歴史的「発見」ですが、なぜこうしたことがこれまで分からなかったのでしょう。

 読売の記事は、国際日本文化研究センターの共同研究報告書『公家と武家3』に掲載された森田登代子氏の研究論文を紹介したのでしたが、森田氏は同年春、同センターの紀要「日本研究」に「近世民衆、天皇即位式拝見」を発表しています。

 その論文によると、近世の日本人は天皇など知らなかったどころではありません。天皇の祭りである大嘗祭、新嘗祭、そして即位儀礼が庶民に告知され、実際、明正天皇の御即位行幸の屏風図は即位式に大勢の庶民が観覧していたことが確認できます。桃園天皇の即位式を拝観した庶民は男100人、女200人でした。後水尾天皇の即位式を描いた屏風図には僧形の者や授乳中の女性までが描かれています。

 近世の即位式は、庶民を排除し、庶民から隔離されたところで行われていたのではありません。国家最高の儀式は庶民が参加し、君民一体で祝われていたのでした。

 社会に流布している俗説的な天皇論を、眉にツバして読み直してみる必要があります。


 参考文献 中野正志『女性天皇論──象徴瀬天皇制とニッポンの未来』(朝日新聞社、2004年)、吉田裕『昭和天皇の終戦史』(岩波新書、1992年)、「天皇即位式、江戸時代は庶民の任期行事」(「読売新聞」関西版、2006年11月18日)、森田登代子「近世民衆、天皇即位式拝見──遊楽としての即位儀礼見物」(「日本研究」国際日本文化研究センター、2006年)、同「近世民衆、天皇即位の礼拝見」(『公家と武家3』思文閣出版、2006年)など


□□□□□□□□□□ 天皇・皇室の一週間 □□□□□□□□□□

4月19日(土曜日)

□皇太子殿下は山口市で開かれた第19回全国「みどりの愛護」のつどいにお出ましになりました(宇部日報)。
http://www.ubenippo.co.jp/one.php?no=4901

4月17日(木曜日)

□春の園遊会が赤坂御苑で行われました(時事ドットコム)。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008041700555

4月16日(水曜日)

□三笠宮妃百合子さまが都内で開かれた母子愛育会第40回「愛育班員全国大会」にお出ましになりました(MNS産経ニュース)。
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080416/imp0804162047000-n1.htm

4月14日(月曜日)

□三笠宮寛仁親王殿下が再入院されました(時事ドットコム)。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008041400719

4月12日(土曜日)

□天皇・皇后両陛下の49年目の結婚記念日のお祝いが東宮御所で行われ、ご一家がお集まりになりました(MNS産経ニュース)。
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080412/imp0804121948001-n1.htm

□秋篠宮・同妃両殿下が全国都市緑化祭にお出ましになりました(読売新聞)。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20080412-OYT8T00794.htm

4月11日(金曜日)

□皇居東御苑に江戸時代の果樹を集めた果樹古品種園が整備されることになり、両陛下が記念の植樹をなさいました(東京新聞)。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008041202003062.html


□□□□□□□□□□ お知らせ □□□□□□□□□□

1、「明日への選択」4月号(日本政策研究センター)の「一刀両断」欄に拙文が載っています。「苦言」騒動について書きました。
http://www.seisaku-center.net/

2、発売中の「別冊正論」第9号に拙文「靖国合祀『日韓のすれ違い』」が載っています。
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no09/ex09.html

3、「人形町サロン」に拙文「日本人が大切にしてきた多神教文明の価値」が載っています。
http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/index.html

4、斎藤吉久メールマガジンの読者登録もお願いします。
http://www.melma.com/backnumber_158883/

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

さいちゃん

補足します。
『昭和天皇実録 巻16』(宮内庁。平成30年3月30日)の昭和50年9月1日(月曜日。244ページ)を開くと、「御代拝方法の変更」について、次のように書かれています。
「この日より、毎朝および旬祭の御代拝方法が改められる。
 従来、毎朝および旬祭の御代拝は、侍従が浄衣を着用の上、殿上拝礼のより奉仕していたが、今後は、御代拝侍従の服装はモーニングとし、御代拝は庭上拝礼による奉仕に改め、各御殿の正面木階下正中において拝礼することとする。
 ただし、雨天の場合は神楽舎において各御殿を拝礼する。
 また服装の変更に伴い、御代拝侍従の乗用車両にも変更があり、これまで吹上御所から賢所までの往復には馬車を使用していたところ、この日以降は自動車を使用することとする」
「実録」は同じ日に掌典次長が設置されたことも記録していますが、祭式の変更の理由については記述していません。
 また、これらの変更は側近の日記などから、8月15日の長官室会議で決定されたことが明らかになっていますが、「実録」には言及がありません。
by さいちゃん (2018-04-28 08:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。