So-net無料ブログ作成

信者数で見る世界の主要宗教 [宗教]

以下は旧「斎藤吉久のブログ」(平成19年5月9日水曜日)からの転載です


 宗教関係の統計などを収集している adherents.com が「信者数で見る世界の主要宗教」を発表しました。
http://www.adherents.com/Religions_By_Adherents.html

 これによると、第1位はキリスト教の21億人、2位がイスラムの13億人、3位が無宗教の11億人、4位がヒンドゥーの9億人、以下、5位、中国の伝統宗教、3億9400万人、6位、仏教、3億7600万人、7位、原始的土着宗教、3億人、8位、アフリカ伝統宗教、1億人、9位、シーク教、2300万人、10位、北朝鮮のチュチェ思想、1900万人と続いています。

 日本の神道は15位で400万人、天理教が18位の200万人となっています。20位以内に日本の宗教が2つまでも含まれているのは注目されます。

 この統計から分かるのは、まず第一に、世界三大宗教の1つとされてきた仏教の後退と無宗教の拡大です。ヒンドゥーや中国伝統宗教の信徒数が増えているのは爆発的な人口増の結果なのでしょう。

 面白いのは、北朝鮮政府によって唯一公認されているイデオロギーのチュチェ思想が主要宗教に数えられ、10位にランクインしていることです。

 世界の人々の半数は唯一神を信じているようですが、一神教であれ、多神教であれ、世界の宗教のほとんどがアジアから生まれていることに改めて気づかされます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

国民の6割が無宗教、神社本庁調査 [宗教]

以下は旧「斎藤吉久のブログ」(平成19年1月29日月曜日)からの転載です


 全国約8万社の神社を包括する神社本庁が5年ごとに実施している「神社に関する意識調査」の調査結果(中間報告)を、神社の専門紙・神社新報が伝えています。調査は今回が3回目で、全国二十歳以上の男女2000人を対象に昨年秋、行われたとのことですが、これによると、国民のじつに6割近くが宗教を「信じていない」ことが明らかになりました。

「信仰している宗教」についての項目では、「信じていない」と答えた人が6割近くもいます。前々回(平成8年)および前回(13年)の調査と比較すると、数値の増加が明白で、これに対して「仏教を信じている」が大きく減少していることが分かります。

 仏教信仰の衰退は、ほかの問いからも裏付けられます。たとえば、「日ごろ大切に思うこと」は何かという問いに対して、「祖先を敬うこと」と答えたのは6割近くいるものの、確実に減っています。「家庭の年中行事」でも「お盆・お彼岸」は7割を超えていますが、これも同様に減ってきています。「先祖の命日」をおこなう人は5割を切っています。

 仏教信仰は必ずしも祖先供養と同義ではありませんが、旧暦がほとんど駆逐されてしまった今日でも、お盆だけは全国的に、新暦の太陽暦ではなく、月遅れでおこなわれているほど、お盆行事が守られてきたことから考えると、祖先を敬う心の退潮、先祖を供養する行事の減少は注目されます。

 それなら神社はどうかというと、前途は必ずしも明るいとはいえません。「伊勢神宮を知っているか」という問いに対して、ほぼ20人に1人が「知らない」と答えています。とくに若い世代では「知らない」が目立ちます。「家庭に神棚がある」のも、さすがに自然相手の仕事に従事している農林水産業では9割近くが「ある」ですが、全体では5割を割っています。

 それにしても国民の6割近くが「無宗教」という調査結果は衝撃的です。

 信仰心がないことと所属する宗教団体がないこととは同じではありませんが、この調査は日本人の宗教心の衰えを浮かび上がらせています。かつて小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)がえがいた、さまざまな神々とともに暮らしていた日本人とは、現在の日本人は明らかに違うと考えざるを得ません。

 この調査結果を宗教者自身がどのように受け止めるのかにも興味が持たれるところです。
タグ:宗教 信仰心
nice!(0)  コメント(0)